レビュー一覧に戻る
トイ・ストーリー3
2010年7月10日公開

トイ・ストーリー3

TOY STORY 3

1032010年7月10日公開

田宮ユウ

5.0

「ありがとう...みんな」

未だにこの台詞を思い出すだけで感動が漲ってきます。 はい、トイ・ストーリー大好きですが、自分も「3」が一番好きです。 シリーズ史上最も泣けるどころか、自分は「さよならの朝に約束の花をかざろう」を観るまでは劇場で観た作品で一番泣いた映画になります。 もちろん、思い出補正を多分に含んでいます(笑) 自分は小さい頃からトイ・ストーリーに触れてきたので、その事を思い出しながら高校生の時劇場に足を運びました。 そのときは「今ごろになってトイ・ストーリーを観るのもどうか」と思ってた記憶があるのですが、本当に本当に観て良かったと思ってます! 3の良いところは沢山ありますが、何といってもオモチャの主要キャラが存分に活躍するところですね(ボー・ピープだけ出てなかったのは少し残念ですが)。 今作よりも前の作品群も4もウッディとバズ以外は大活躍といったほどではありませんでした。 しかし、本作ではシリーズの中でも一番活躍してます! ハムもレックスもスリンキーもポテトヘッドもかなりの活躍をしていました。 ウッディやバズと一緒にいた時間が長かったからかもしれないです。それもあって、一番印象に残ったポイントです。 トイ・ストーリーの面白さは、それぞれのオモチャの特性を生かして試練をこなしていくのが醍醐味で、そこもシリーズで一番面白いです。 また、印象に残る場面がたくさんあります。 終盤の焼却炉での場面は初めて観たときに衝撃を受けました。初めてキャラクターに「死」を予感させた場面ですし、仲間の絆を凄く感じた瞬間でした。 最後のアンディの場面は言うまでもありません。 まさかトイ・ストーリーで泣いてしまうとは、と思いました。 今までアンディは自分が遊んでいたオモチャを大切にする子だとは思っていましたが、今作でいかにオモチャが大切だったかが理解できて良かったです。 子供の頃に遊んでいたオモチャってなかなか捨てられないですよね。 自分も子供の頃に遊んでいたオモチャは未だに捨てていなくて倉庫に保管されています(笑) 誰かに上げることも考えましたが、そういった子供も周りにいなくて、ただただ時間だけが過ぎ去ってしまいました。 アンディにはそういった子供がいたので良かったので、そこは羨ましい限りです。 シリーズの中でもこれほど綺麗に着地点に到達してる作品は無いと思うので、まさしく有終の美です! ...となるはずだったんですがね(^_^;) 4は置いとくとしても、ディズニー・ピクサーの作品群でもトップクラスに好きな映画です!

閲覧数2,040