レビュー一覧に戻る
トイ・ストーリー3
2010年7月10日公開

トイ・ストーリー3

TOY STORY 3

1032010年7月10日公開

sug********

3.0

ネタバレアメリカだから?

最近、幼稚園児の子どもと一緒に観ました。 疑問1: アメリカの保育園ではおもちゃをバラバラにしたり投げ飛ばしたり、そんな酷い使い方するんですか?子どもが観ながら「先生は注意しないのかな?」と言いました。ポテトヘッドの細かい武器を子どもが鼻や口に入れているシーンは誤飲、窒息の危険があります。本来そのようなおもちゃは、いもむし組のような子たち(推定1-3歳児)の部屋には置きません。見つけたら移動させるはずです。向こうの保育園はあれほどまでに自由なのでしょうか...。 疑問2: この映画を観てから、子どもがもう使わなくなった(赤ちゃん時代の)おもちゃを園に寄付したり、小さいお友だちに譲ることを嫌がるようになってしまいました。「壊されちゃうかもしれない。かわいそうだから嫌だ。」と...。私はおもちゃをもらったり譲ったりしながら育ちました。別におもちゃを粗末にするつもりではなく、むしろまた使ってもらいたくてです。それって酷いことなのですか?この映画を観てると使わなくなったおもちゃをしまいこんだり、寄付したり、ヤードセール(日本だとフリマ)に売ったりすることがとてもかわいそうなことと表現されています。 最後は本人たちの意志でボニーのもとへ行くわけですが、現実はおもちゃの意志は分かりません。だから別にどうしたって良いじゃないかと大人は思いますが、これを観ているであろう大多数の子どもたちはトイ・ストーリーのおもちゃたちのように、思い(意志)があると思って観ている子もいます。 トイ・ストーリーは子どもが生まれるだいぶ前に放映されたものだったので、元々見せるつもりも気もありませんでしたが、4の公開伴う、様ざまな番宣、ディズニーランドアトラクションでの登場によって園児間でも話題になり、子どもがどうしても観たいというのでみせました。 キャラクターはかわいいし、カッコいいです。でも...。

閲覧数1,439