レビュー一覧に戻る
トイ・ストーリー3
2010年7月10日公開

トイ・ストーリー3

TOY STORY 3

1032010年7月10日公開

eri********

5.0

ずっと一緒に

 おもちゃの気持ちは人間には届かない。  冷たいようだけど、そう思ってた。     なくしちゃったって、  今じゃお店に行けば、いくらでも代わりはいるでしょ?  傷ついた、苺人形のロッツォのように。    でも彼らは信じてる。  分かってるけど信じたい。    だって  彼らが純粋な気持ちを持つのと同じように、  純粋な気持ちで遊んでくれる子ども達と過ごす時間。    ギュッとしたり、  一緒に布団に入ったり、    それは夢のような時間で。    理由とか損得とか何もなく、ただ好きだからずっと一緒にいる。      でもそんな風に大切にされる時間は、  夢のようであればあるほど、あっという間に過ぎていく。    分かっているけど信じたいんだ。  いつまでも大切に思ってくれること。    今までいくつのおもちゃを捨てただろう?  燃える・燃えない・資源ゴミ?  もし心を感じたならば、それはどんなに残酷なことだろうと思う。  おもちゃの気持ちを知っていたらば、  あっさり別れは選ばないはず。    でも届かないし、感じることは、  大人になればなるほど、難しくなっていくんだ。  それは当たり前のこと。  あり得ないって思うこと。    でも、そんなこと無いんじゃないかな?って  この映画のラストを見て思った。      アンディのあの部屋で、  長く一緒にいた部屋で、  みんなの思いが一瞬、交わったように感じた。   アンディと、ママと、ペットのワンちゃん、  それから、  ウッディやバズ達の思い。    「ずっと一緒にいられればいいのに」    ホントだよね。  でも一緒にいた時間を大切にして、  前に進むのって、実はもっと素敵なこと。    もっと大事な部分で絆が生まれてる。    健気にアンディの成長を見守ってきた彼らの姿、  同じように彼らを見守ってきた私たち、  彼らと私たちの間にも、何か大切な絆が生まれた気がする。

閲覧数1,673