ここから本文です

アウトレイジ (2010)

監督
北野武
  • みたいムービー 563
  • みたログ 4,634

3.75 / 評価:2,592件

饒舌すぎるヤクザたち

  • kyon2630 さん
  • 2019年5月10日 22時19分
  • 閲覧数 972
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

巨大暴力団、山王会組長の関内(北村総一朗)は、若頭の加藤(三浦友和)に直参である池元組組長、池元(國村隼)傘下ではない村瀬組の関係について苦言を呈す。そして、加藤から村瀬組を痛めつけるよう命令された池元は、配下の大友組組長、大友(ビートたけし)にその仕事を押しつけた。こうして激しい権力闘争が始まった。

予告で見たとおり、饒舌な作品で、今までの北野作品(やくざもの)の寡黙さとは正反対。痛たなシーン満載で、がんばって見ていたけれど、あるシーンだけはどうしても正視できず(@Д@;大友組が仁義を守って行動しているのに対し、関内親分がめちゃくちゃな指示を出し、下は大混乱。ほんと仁義なんてないったらありゃしない。

なんだかやくざたち子供 みたい、怒る原因が。あんまり些細なことで切れたりするので、だんだんコントに見えてきた。掛け合いが絶妙だし、しゃべりまくるので(「ばかやろう」とかばっかりだけど)ますますそう見える。

正直者は馬鹿を見るということか。でも、あんな腹黒いことし続けたら、後々自分に返ってきて...同じことが繰り返されるんだろうな( ̄ー ̄;

北野作品初参加の豪華キャストたくさん。三浦友和や加瀬亮のやくざってピンとこなかったけれど、やはり少し毛並みの違うやくざでした。椎名桔平がかっこよかった。石橋蓮司のやられっぷり、すさまじすぎて笑えた。2010/06/14

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ