ここから本文です

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ) (2010)

監督
山本泰一郎
  • みたいムービー 191
  • みたログ 2,032

3.85 / 評価:1091件

蘭と怪盗キッドの急接近が面白い

  • izq******** さん
  • 2021年5月15日 19時58分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

コナン映画第14弾。事件は東京から大阪に向かう飛行船内での細菌テロ。怪盗キッドも登場するが、毛利探偵ら仲間達は武装組織に拘束され、ほとんどコナンの一人舞台のアクション主体の映画。殺人事件ではなく珍しく死人が一人も出ず、謎解きはテロ組織の狙いと細菌兵器の謎解きが対象で、もう一つの印象。
怪盗キッドが実は工藤新一だったと蘭が信じてしまい、キッドと蘭の急接近サイドストーリーが楽しい。

微生物研究所が武装組織に爆破され、「赤いシャム猫」という組織から、殺人細菌バクテリアを手に入れたというバイオテロをほのめかす犯行声明が警察に届く。
一方で鈴木財閥相談役の鈴木次郎吉が、宝石を積んだ飛行船を東京から大阪に飛ばす計画を立て、怪盗キッドに挑戦状を叩きつける。コナンや蘭らも園子に飛行船の旅に招待される。他には報道関係者として、態度のデカいルポライターの藤岡隆道、小物っぽい日売テレビディレクターの水川正輝、レポーターの西谷かすみ、カメラマンの石本順平が同乗する。
スカイデッキには怪盗キッドをおびき寄せる宝石が展示されており、中森警部ら警察関係者が警備するだけでなく、様々な防犯装置が仕掛けられている。
蘭は怪盗キッドがウエイターに化けていることに気付くが、怪盗キッドの正体が工藤新一だと聞かされ、蘭は信じてしまう。顔突き合わせて気が付かない蘭もお粗末だが、なかなか面白い流れ。
鈴木次郎吉の携帯に飛行船の喫煙室に殺人バクテリアを仕込んだとの謎の電話が入る。そして乗客や乗員に発疹が見つかる。
さらに武装組織が飛行船の屋上から潜入して飛行船内を制圧する。飛行船内を探険していた少年探偵団3人組とコナンは拘束から逃れ、船内の灰原と連絡を取り合い、コナンらは飛行船に仕掛けられた爆弾を処理する。
しかし、レポーターの西谷かすみが無神経にも子供達がいないことを武装組織にちくり、コナンらも捕まってしまう。コナンは窓から放り出されてしまうが、ウエイターに化けていた怪盗キッドが飛行船から飛び降りてコナンを救出する。しかし、コナンとキッドは愛知県に足止めに。しかし、コナンは工藤新一に変装した怪盗キッドとともに佐藤刑事と高木刑事の警察ヘリに同乗させてもらい、飛行船に飛び移る。佐藤刑事も工藤新一が怪盗キッドの正体だと騙されるくだりも面白い。
殺人バクテリアを積んだ飛行船が大阪に向かうことがネットに上げられて、大阪や奈良から脱出しようと関西は大パニックに陥る。さらに武装連中は何故か発煙筒を焚き、飛行船から煙を出しながら奈良の上空に入る。
謎は、武装組織がハイジャックのため殺人バクテリアと爆弾の両方を何故使っているのか?、最初爆弾は殺人バクテリアが仕込まれた部屋付近にも設置されていたのに仕込み直しされたときにはそこには仕込まれてなかった点、何故発煙筒を焚いているのか、喫煙室を使って感染した従業員のくしゃみを浴びた元太がへっちゃらな点、他の感染者は咳もくしゃみをしない、など。
謎を解き明かしたコナンは反撃に出る。武装組織連中を一人一人始末していき、全員を倒す。
さらに奈良ではコナンから連絡受けた服部平次と奈良県警が、避難のためもぬけのからとなった豪福寺から仏像を盗難しようとしている組織メンバーを捕まえる。実は細菌は盗まれてなく、発疹は漆によるただのかぶれであり、細菌テロと見せかけて人々をパニックに陥れて仏像盗難をはかる狙いだったことを解き明かす。
そこでコナンは最初の感染者のルポライターの藤岡が武装組織の大ボスであることに気が付き、船上で藤岡と対決。コナンが部が悪かったが明石海峡大橋の下を通過するところでコナンがベルトから巨大サッカーボールを噴出させ、飛行船が橋に引っ掛かり縦方向に大きく傾き、藤岡は川に落下。船内の残りの藤岡の仲間だったカメラマンとレポーターも伸びてしまい、無事に敵全員を倒し事件は解決する。二段構えはいいのだが、テレビ局のカメラマンとレポーターまで悪者の仲間というのは、ちょっと何でもあり設定でも度が過ぎてる感じ。
珍しく死人が誰も出ない話しであった。
最後に乗員がまだ皆縛られたままの中、怪盗キッドは悠々宝石を奪って、蘭だけ解放して船内から去って行く。怪盗キッドが工藤新一と思い込んでる蘭は、船上にキッドを追いかけ自首を求める。キッドはどさくさに紛れて蘭にキスしようとするところでエンドロールに。
エンドロール後、キッドがキスしようとするときに蘭の尻を鷲掴みにしたことから、蘭は工藤新一ではないと確信して、怪盗キッドは逃げていき終幕。宝石はキッドから蘭に返されて無事。なかなか面白いラスト。
主題歌はGARNET CROWの「Over Drive」でいまいち。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ