ここから本文です

獄(ひとや)に咲く花 (2009)

監督
石原興
  • みたいムービー 19
  • みたログ 81

3.60 / 評価:35件

寅次郎は人を愛し笑顔も忘れず信念もまげず

  • mas******** さん
  • 2010年4月26日 19時58分
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

劇場で観たのですが、観客はほとんどの方が中高年が多かった。自分が若造だった。
この作品は時代劇でも、演出やセット、トーンの暗い映像、みごとでした!
さすが、観客がはいっただけよくわります!

寅次郎は、生徒たちに学問を教えるだけでなく、人間は誰しも平等であると教えた。
彼のやってきたことは、無駄な死をとげたわけではない。
寅次郎は、人間が好きな人であった。人を愛した。
高須久もいちずに愛した。

見ていてもこの作品は、質の高い作品で、メージャー作品の時代劇と比べものにならないくらいだ。みどとな作品だと思う。

監督 石原興は、いい作品を作っていただき、感謝です!!
一言、ありがとう!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ