ここから本文です

獄(ひとや)に咲く花 (2009)

監督
石原興
  • みたいムービー 19
  • みたログ 81

3.60 / 評価:35件

人間・吉田松陰を描いた良作!

  • yorinyu さん
  • 2010年5月23日 17時45分
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

偉人として崇拝される吉田松陰ではなく、人間・吉田松陰を描いた良質の映画。

幕末好きならもちろんですが、
そうでない人も充分に楽しめる映画です。

『我らは皆、磨けば光る原石であります』
『大切なのは、今あなたが、何をしているか。
これから何をするかが大事なのであって、過去にあるものではありませんよ!』

今、幕末がクローズアップされ、
幕末志士たちに多くの人々が魅かれるのは、
現代の日本人が失っているある種の価値観を、
当時の日本人たちが持っていたからなのだと思う。
この映画は吉田松陰という人物を通して、その価値観を描きだそうとしています。

残念のことは2つ。
ひとつめは、江戸に送致された後、伝馬町牢獄での松陰がほとんど描かれていないこと。
ふたつめは上映している映画館が極端に少ないこと。

特に2つめは、ただただ残念。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ