ここから本文です

最後の約束 (2009)

  • みたいムービー 44
  • みたログ 456

4.40 / 評価:284件

ファンへ贈る役を楽しむ為の作品

  • kotone19870321 さん
  • 2013年6月25日 12時19分
  • 閲覧数 916
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 演出が櫻井さん主演の家族ゲームと同じという事で久しぶりに鑑賞。

テレビ放送当時、DVD購入当初、それ以降も何度となく鑑賞しているが
観ていて一様に思うのが

 "ストーリーが破綻し矛盾点がとてつもなく多い"

ということ。
嵐個々のパブリックイメージを極端な方向に曲げて設定された役とそれを活かす相方。
そこに固執しすぎた故にかとにかく物語の内容が薄くつっこみどころが多過ぎる。
オチは早くて益子(大野さん)の声紋認証のくだり。遅くても後藤(松本さん)のいきなりの独白か富澤(櫻井さん)と冬子(寧々さん)の会話で察せてしまう。
けれど今回視聴し初めて、2時間ドラマというものはこのレベルで十分なのかもしれないと思うようになった。
一般向けではなくファンの為に創り贈られた作品なのだと考えれば十分過ぎる。

ひとりひとりに萌えとトキメキポイントを用意し、
あちらこちらに五人の関係性をちらつかせているのだ。

最初に棚田(相葉さん)がセキュリティセンターへ訪れた際にこっそりと山際(二宮さん)とアイコンタクトをとっているのは
役ではなく本人達のジュニア時代から築いて来た関係性が垣間見える。

最初に目につくので例にあげたが、勿論各コンビそれぞれに用意されているので探してみるのもいいかもしれない。

物語ではなくキャラクターを楽しむ為の作品として、実際とは違う性格をした彼らを堪能して欲しい。
もう完売したかもしれないがDVD限定版特典がとにかく盛りだくさん。
素の彼らが和気あいあいと楽しそうにしているので役とのギャップにも一役かっている。
ファンには是非そちらも観て欲しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ