インフォーマーズ セックスと偽りの日々
2.4

/ 44

14%
5%
23%
25%
34%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)

絶望的21.4%セクシー14.3%不気味14.3%不思議14.3%ゴージャス14.3%

  • SAVEWELL

    1.0

    私がアホなのでしょうか?

    薬中が薬中セレブの映画を作ったとしか思えません。 最初の事故の部分で面白いかも!?と思って見たけど、その後は全く内容が分かりません。 イケメンの肉体美は目の保養になりました。

  • fg9********

    1.0

    でも面白くない

     …あらすじは解説のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ4件のみだ。  …よっぽど人目に付かない作品なのだろう。  老若男女のコカイン依存・セックス事情が退廃的と言えば聞こえはいいが、退屈に描かれているだけ。  ただし、俳優陣だけは割とマトモで、ビリー・ボブ・ソーントン、キム・ベイシンガー、ミッキー・ローク、ウィノナ・ライダーといった錚々たる面子。  でも面白くない。

  • jin********

    1.0

    で? って感じです

    見終わっても、で? 何? と言う映画。 アホなアメリカのセレブ達が、好き勝手に薬とセックスをやってる。 で? 何の意味が?

  • arl********

    2.0

    アメリカの「文芸作」

    ブレット・イーストン・エリス原作・脚本。なるほど文芸作ね。だから豪華キャストなんですね。それらしい思わせぶりだけど全然まとまりのない作品です。意外にアメリカの最近の文芸の映画化って成功していない感じがありますね。B.E.エリスとよく合わせて語られるJ.マキナニーの「ブライト・ライツ...」なんかもいまいちだったし。ちょっと古くなるけど「ホテルニューハンプシャー」や「キャッチ22」あたりまではまあまあだったかなあ。文芸作ならイギリスの「トレインスポッティング」とか「わたしを離さないで」あたりのほうがよくできてた感じがある(監督の力量もあるんでしょうが)。なんとなくアメリカの頽廃は底が浅い感じなんですよね。 それにしてもアンバー・ハードの完璧さには声も出ません。

  • art********

    1.0

    本当に退屈な物語

    発売中止になったとか、セレブがどうとか、エロスがどうとか...。 横目でチラチラ気にはなってたもののレンタルする程ではないなー、なんて考えながらおまとめレンタルで得になったので今さらですが拝見...。 まずは根本的な所から! 1983年の話だからか、たまたまなのか男性陣の髪型が皆、YMOみたいで見分けがつきません。(テクノカットみたいなやつ!知ってます?) 女性はどれもこれも、金髪のお姉さん! もう、誰が誰で、何をどうしてるのかさっぱり意味不明!(歳ですか?) 途中からWiki片手に名前追ってました。(もう意地になってます!) この映画、映像美がウリでしょうか? 退廃的なムードにはよくあるイメージビデオのようなスカスカの作りです。 まぁ、このストーリーなら誰が撮ってもこんな感じでしょう! 当時無名に近いアンバー・ハードは脱ぎまくってますが、何のエロさも感じないのは私だけでしょうか?(ただの動く金髪人形にしか見えません) あっ、そうそう! 有名どころのキムさん、ウィノナさんは脱ぎもしませんよー。 (もしここ期待されている方いたら残念!) どのキャラクターも痴話話程度の退屈なエピソードをダラダラと時間いっぱいまで繰り広げてます。(ひたすら退屈に!存在感薄く!) こんなセレブの日常、どうやっても興味惹かれません。 ラストシーンに至っては、もう脳内で怒号が飛び交ってました。 意地で3回くらい見返しましたが意味不明。(何してるのこの人たち??) もちろん伏線を全部回収しろとはいいません。 ただ適当なんです!(本当、それだけ) 何となくこんな終わりかたで、締めたらかっこいいよね! 的な安直さ満載でした。 発売中止ってウリ文句! これセル販売してどうやっても初期ロット稼げないとか、そんな理由なんでしょうね? ただ、わかっていながら地雷を踏みにいく天の邪鬼の私的にはネタ満載の極上映画だった事は言うまでもありません。(チャンチャン)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
インフォーマーズ セックスと偽りの日々

原題
THE INFORMERS

上映時間

製作国
アメリカ/ドイツ

製作年度

公開日
-

ジャンル