ここから本文です

ザ・ウォーカー (2010)

THE BOOK OF ELI

監督
アレン・ヒューズ
アルバート・ヒューズ
  • みたいムービー 356
  • みたログ 2,585

3.17 / 評価:1,186件

ゲイリー目がテン

  • lgc***** さん
  • 2010年5月13日 20時10分
  • 閲覧数 948
  • 役立ち度 48
    • 総合評価
    • ★★★★★

この間観た「The Road」と同じ時期に公開されるようですね。
背景は似てますがあれとはかなり違います。
多分こっちが当たるでしょう、だっておもしろいもん。
何と言ってもデンゼル・ワシントン+ゲイリー・オールドマンですからね。
ジェニファー・ビールスも久しぶりに見たけどあいかわらず綺麗だった。
何気にあの酔いどれおやじトム・ウェイツなんかも出てます。

世界崩壊から30年、十字印の本を携えて西へ向かうイーライ。
もう聖書だってことは丸わかりなんですがなかなかハッキリ言いません。
聖書を守るためなら人殺しだってへっちゃら?
ナンデスカその穴開き包丁、じゃなかった青龍刀。
いきなり悪者の腕をバッサリってところはどこかで見たような・・・。
その他にも弓やらショットガンやらどこに入ってたの?と思うほど次々に出てきます。
アンタは弁慶かw
そしてそれを奪おうとする敵役のゲイリー一味。
そうそう、そのイってる感じ、イイです。
お約束どおりババ引かされるところは「レオン」か「フィフスエレメント」
ゲイリーはこうでなくちゃ。
弟の話では「The Road」が「子連れ狼」、今作が「座頭市」+「用心棒」みたいだということでムコウでも話題になっていたそうです。
なるほどね、わかるような気もします。

「人は皆神の御心によって生かされているのだから帰る道も見失ってはいけませんヨ」
そんな感じでなんとかテーマを重いところに持って行こうとしてますがあまり深く考えず楽しんだ方が良いかも。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ