レビュー一覧に戻る
メーヌ・オセアン

メーヌ・オセアン

MAINE OCEAN

135

いやよセブン

3.0

話が散漫

フランスの列車内で、検察係二人と切符のことで揉めているのが、ブラジルからやってきた美女、フランス語がよく分からないようだ。 通りかかったのが若く美しい女性弁護士でポルトガル語ができるため、仲裁に入る。 弁護士は地元のオッサンの弁護をするが、言っていることはチンプンカンプン。 当然、執行猶予付きの有罪となり、オッサンは面白くない。 ブラジル美女が海を見たい、というのでオッサンの島に行くが、検察係の二人も現れる。 更に、ブラジル美女のマネージャーと称する人物も加わりテンヤワンヤ。 最後まで女性二人の話にすればよかったのだが・・・。

閲覧数431