くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-
2.9

/ 24

13%
8%
54%
8%
17%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)

かっこいい26.7%楽しい26.7%コミカル13.3%切ない13.3%勇敢6.7%

  • 一人旅

    5.0

    挫折と栄光の監督史

    トム・フーパー監督作。 『英国王のスピーチ』(10)でアカデミー賞を制した英国の俊英:トム・フーパーが、東京在住の英国人作家:デイヴィッド・ピースによる2006年発表のノンフィクション「The Damned Utd」を映画化した2009年制作の伝記ドラマで、英国サッカー界の偉大なる指導者:ブライアン・クラフ(1935-2004)の波乱の軌跡を周囲の人々との関わりの中に映し出しています。 2部リーグ所属のダービー・カウンティの監督としてチームを1部昇格、リーグ優勝に導きながらも、クラブ会長との対立によってチームを離れ、因縁の強豪クラブであるリーズ・ユナイテッドの監督に就任するが、そこでも選手との信頼関係の構築に失敗して就任早々解任されてしまい―という紆余曲折の監督人生を描いた作品で、サッカーのプレーそのものではなく、チームをマネジメントする監督の視点で60~70年代英国サッカーの歴史と裏側を紐解いていきます。 二人三脚でチームの強化に尽力した盟友:ピーター・テイラーとの軋轢と和解、リーズの前任監督であるドン・レヴィーへの苛烈なライバル意識、監督としての実績に比例して増幅してゆく野心と慢心と独善…と下位リーグから1部リーグまで複数のクラブを渡り歩いたブライアン・クラフの挫折と栄光の半生を、彼を取り巻く多くのサッカー関係者との関わりを軸に描き出した伝記ドラマで、ノッティンガム・フォレストの監督としてチームを2年連続でUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)優勝に導いた功績は今なお英国サッカーファンの語り草となっています。 主演のマイケル・シーンが強烈な個性の持ち主である主人公クラフを軽妙に演じていますし、彼が成し遂げた実績の影の功労者であるテイラーを個性派:ティモシー・スポールが好演しています。

  • has********

    5.0

    ネタバレイギリス会話が爆笑 サッカー興味なくても

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jig********

    3.0

    監督よりか彼の相棒を褒めたい

    あちらの国のリーグはよくはわからないですが、 とりあえず有名になった監督さんの実話ですよということで、 映画になるくらいだから最後は成功するんですよねと そこはわかりましたが、そこにいたるまでの 苦しい過程が描かれて・・ 苦しい?う~ん、 監督の手腕なのか彼の相棒の手腕なのか観ていた限りでは 微妙なだけに、監督が低迷していたのは 単に彼のせいなんじゃなかろかとも思えるだけに 彼を英雄視してよいものかと思ってしまいます。 まぁあれですね、監督さんの相棒も彼一人では なしえなかっただろうし二人だったからこそ なのかなぁ~と、それが感じられればよいのかなと思いました。 しょっぱなからの監督就任から 彼の選手への気の使い方とか見ていると 監督って結構大変なんだーと思いました。 シャワールームとか自ら磨いたり、 選手のタオルとか灰皿を自分で準備って・・ 監督そんなことまでするの?と驚きました。 それだけに、その後の別チームでの低迷ぷりには あの頃の選手との愛称のよさはどこへやら・・と。 監督とコーチ陣、監督と選手の相性ってすごい 重要なんだなと観てて思いました。 サッカーは日本代表くらいしか観ないのですが、 日本が今じゃFIFAランク15位(でしたっけ?) なんてことになっていて、そんなにすごいんだっけ?とか 思ってますが、そこにたどり着けたのも ザック監督以下、コーチ陣、選手らの相性がとてもよくて いい雰囲気でプレー出来ているからなんだろうなと思いました。 日本代表の一致団結を見て、国民も一つになれる。 サッカーって熱いし楽しいと改めて感じさせてくれました。

  • jmg********

    3.0

    37本目

    イングランドの伝説的監督の伝記映画。 主人公の監督が、傲慢で、ジョゼ・モウリーニョを彷彿とさせる雰囲気がある。 ただそれだけ。

  • kew********

    3.0

    マンチェスターではありません(笑)

    タイトルのユナイテッドはマンチェスターUかと思ったらリーズUでした 原題は「The Damned United」 かなりおおざっぱな描き方ですが実在のブライアン・クラフ監督の物語 時代は6~70年代、知る人ぞ知る名将なのでしょうが僕は初めて知りました クラフ監督がトップリーグで成功出来なかったリーズ時代をからめたお話 後で気付きましたが主演のクラフ監督役は「アンダーワールド」のマイケル・シーン 全然分からなかったです・・・・ リーズと言えばオレアリー監督時代が大好きでした そのクラブが出てくる映画を見るとは夢にも思いませんでした 正直そこがちょっと嬉しかったです 個人的には退屈する事なく見れましたが 気合の入ったゲームシーンはほとんどありません 低予算のミニシアター系の映画ですので ハデさはないですしあまりオススメ出来る映画とは言えないかもしれません マニア向けですか(笑) しかしこうゆう話でもっと作り込んだの見たいなぁ

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-

原題
THE DAMNED UNITED

上映時間

製作国
イギリス/アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル