レビュー一覧に戻る
ぼくのエリ 200歳の少女
2010年7月10日公開

ぼくのエリ 200歳の少女

LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN

PG121152010年7月10日公開

ang********

5.0

ネタバレもの悲しく、残酷で、耽美で、そして美しい。

レビュー2078作品目。スウェーデン製の映画。 アニメ特撮ゲームSFゾンビそしてゴジラ愛の、還暦過ぎ主婦です。 200歳の少女と題名にありますが、ネタバレします。男の子です。吸血鬼の。 片方の人間は、いじめられっ子。 透き通る様な、真っっっっっ白の肌に青い目、金髪。 色素ありませんの様な体。まつ毛も金髪。 片方の吸血鬼は、黒髪、黒い瞳。ちょっとインド系。肌は白い。 まあ、あれです。 ・金髪少年のいじめられっ子を助ける吸血鬼 ・吸血鬼を頼りにし、そして不憫にも思う、金髪少年 この二人の、うーん・・言葉はアレですが、ボーイズラブ。 でも、同性愛を全面に押している訳は全く無く。 むしろ、異性愛でも、歳の差愛でも、少女同士の愛でも 何でもすんなり素直に受け付けられる。この話なら。 虐げられ、生きるのが辛い二人が。初めて人生に希望を持てて。 「この人となら、一緒に生きたい」なめぐり逢い。 うーん、良いねえ。良いです。 旅に出る二人。1人は箱の中。 鬼滅の刃や、魍魎の匣の様な、切なさは無くて。 お幸せにね。

閲覧数992