ブランクスレーター ~FBI捜査官アンの彷徨う記憶~
3.4

/ 5

20%
40%
20%
0%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

かっこいい25.0%勇敢25.0%不気味25.0%知的25.0%

  • yuu********

    3.0

    端役美人女優を追ってみた

    薬物による死刑執行寸前に目覚めた彼女。 自分が今何をされているのか?自分が誰なのか?すら分からない。。。 一本の電話で急遽死刑執行が中止となり、彼女は九死に一生を得る。 FBIが開発した新技術の実験台になることが死刑を免れる唯一の方法。 その新技術とは、死後間もない被害者や犯罪者の脳に残っている記憶を 彼女の脳細胞に移植し、その記憶を基にして捜査するというもの。 ロボトミー手術の逆バージョンとか言ってたけれど、よくわからん。。。 聞けば、彼女の名前はアン・ヒューストンと呼ばれ、 FBI捜査官を殺害したとして死刑判決を受けたんだとか。 そんなこんなでビルから落とされ殺害された女性の記憶がアンの脳に。 実験そのものは成功し、アンはFBI捜査官の一員となる。 移植された記憶は48時間で消えてしまうらしいです。 で、殺害された女性の記憶をフルに活用し、犯人を検挙する。。。 この事件の捜査に結構な時間を割いているんですが、 真相がなんとも単純な事件でして、なんだそれって感じなんですなぁ。。。 結局のところ、私は誰?状態が延々と続くのでありますが、 都合よくアンの素性を知る人物から情報を得ることができます。 そこにはCIAのある陰謀が絡んでいて。。。 『ボーン・アイデンティティー』と同じ展開と言ってしまえばネタバレ? この作品を見ようと思ったきっかけは、アンを演じたリサ・ブレナー。 メル・ギブソン主演の『パトリオット』でヒース・レジャーの恋人役を やってて、可愛い女性だなぁと。今作でもその透明感は十分堪能できました。 格闘シーンなんかもあって、そこそこがんばっていたんじゃないかなぁ♪ お色気シーンが一切なかったのがちょっと残念ではあるけれど。。。 脇役や端役の美人女優さんで気になったら出演映画検索して、 よもや主演していたりする作品があれば見たいリストに追加してみるんだけど、 これがなかなかワクワクさせてくれる。なんとなく楽しい作業なのです。 ワクワクさせてはくれるが、鑑賞してみてガッカリなんてこともやっぱ多い。 今回の場合は、TVドラマの枠を超えていないという点で残念賞ってとこです。。。(● ̄(エ) ̄●)ノ

  • yus********

    5.0

    おもしろい

    複線の回収は若干甘かったものの面白い映画だった ヒロインがノーメイクなのにとにかく美人 あまり人に知られていない分もっと注目されて欲しい作品 ただカメラワークのせいかちょっと酔いを誘うのが難点

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブランクスレーター ~FBI捜査官アンの彷徨う記憶~

原題
BLANK SLATE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-