ここから本文です

書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園- (2010)

監督
猪股隆一
  • みたいムービー 128
  • みたログ 881

3.66 / 評価:465件

「風」という書画は見飽きることのない秀作

  • fg9***** さん
  • 2017年3月30日 17時06分
  • 閲覧数 1040
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、解説のとおり。
 成海璃子の『武士道シックスティーン』が年甲斐もなく好きなので観てみる。
 内容は、「武道」から「書道」に変わるものの、大筋は同じようなものだろう。
 書道の先生の父の教えで、幼少の頃から何となく書道をやってきたが、新しく赴任した先生(金子ノブアキ)と仲間達との絆を通じて、不況で停滞した町の活気を取り戻そうと、『書道パフォーマンス 甲子園』なるものを開催して奮闘する女子高生たちの姿が描かれている。
 ラストで、成海璃子が『再生』というドでかい文字を書くのだが、その時の腰をデンと落として太めの脚を踏ん張る所作は、これから相撲でも始まるかのような気合いの入った演技は流石だった。
 また、『ランウェイ☆ビート』、『天国からのエール』ではそれほど印象に残らなかった桜庭ななみが、元気溌剌な役どころを等身大に演じていて『感動した』。
 そして、何よりも、休部中の山下リオが描いた「風」という書画が書道部の部室の壁に飾られてあるのだが、いつまでも見飽きることのない秀作で一番印象に残った。
 えっ?
 映画の作品自体の評価?
 同一TV局が絡んでいるものを続けて観てしまったが、時には良い作品も作るもんだと感じた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ