走れ自転車

RIDE AWAY

87
走れ自転車
2.8

/ 16

0%
25%
44%
19%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(5件)

かわいい33.3%切ない33.3%泣ける16.7%ロマンチック16.7%

  • kjm********

    3.0

    もしかしてキャンディ?

    フツーのラブストーリーです。 でも、そのフツーのラブストーリーが今の日本にはないので、フツーでもいいからラブストーリーが観たい私にはよかったです。 ただ、ラブストーリーを観るにあたっては、カップリングというのが重要。 ハン・ヒョジュは可愛いけど、相手が私的にはちょっと惜しいんだよなぁ。 彼はヒョジュちゃんに好意はあるけど、事故で意識のない彼女を見捨てることはできないという役どころ。 「キャンディ・キャンディ」のテリィを思い出しましたのは私だけ? そういえば、ヒョジュちゃんの髪型、キャンディみたい。 以前、キャンディのイメージがあると、ある監督に言われたってインタビュー記事みたことあるけど、この映画ではなくドラマだったような。 「キャンディ・キャンディ」からヒントを得ているかどうかはともかく、 盛り上がりには欠けるけど、ドキドキするシーンもあるし、悪くはないと思います。

  • aya********

    3.0

    可もなく不可もなく…

    淡々と話が進んでいく感じ。ヒョジュちゃん、可愛いけど もう少し盛り上がりが欲しかった。

  • syo********

    3.0

    ちょっと物足りない・・・

     正直、今ひとつ。ちょっとがっかりでした。私、韓国映画、台湾映画にありがちなこういう感じのピュアな恋愛映画って大好きなのです。ですのでこの作品にもそれなりに期待して観たのですが、最初にも書きましたように正直今ひとつでした。いえ、悪くはなかったのですよ。主人公二人はかわいらしかったですし、それなりにキュンキュンもさせていただきましたが、ちょっと表面的すぎたかなあ。深みがないんですよね。そんなにハラハラドキドキもない。ですから作品に引き込まれるということもない。  まあ、普通の恋愛映画でしたね。いろんな意味で「ふつう」ということで・・・。

  • kps********

    2.0

    あまり響いてこず・・・

    うーん、下のレビュアーさんが言うような佳作な匂いはするんですが、個人的には全然響いてこない感じでした。 とりあえず、前半と後半の空気感がだいぶ違いますね。 前半は、引っ越し先で偶然道を聞いた男子に惹かれて古本屋さんでアタックしていく女子、というような初恋物な感じの作風なんですが、話の途中から一転して主人公家族や恋愛相手の、大切な人間を失う喪失感からくる悲哀を描くという流れになっています。 ということで、ラブストーリーの流れで人生の悲哀の方に流れで引き込まれればOKな作品なんだと思いますが、イマイチ流れに乗れず、どちらかというと分裂した感じの作風だなあと感じました。 途中のキスシーンなんかも、相手の彼女まだ生きてますよ?なんて突っ込みを入れてしまう感じで、お互いの悲しみを癒しあうという感じで受け取れる様子でもなく、なかなか感情の置き所の難しい映画です。 韓国版ハルウララな、競走馬スノークイーンを比喩にした人生の例え方も、ややチープな感じに映ります。最後勝っちゃうんだよね(笑) そんな感想ですが、特にインパクトやショックの強いシーンもないので、作品の持つ空気感にハマれるかどうかではないでしょうか? 自分はハマれなかったということで、星2つにしておきます。

  • tom********

    4.0

    いい意味で韓流っぽくない佳作。

    こんな作品知りませんでした。 レンタルショップでお目当ての作品を探していたら偶然見かけて、タイトルが気になって何となく籠の中へ・・・ まぁ、100円だから借りちゃえ!ってくらい軽い気持ちでした。 結果としては見事に裏切られました。いい具合にね。 韓国映画も最近は観てなかったし、あまりいい印象ももっていなかったんですが・・・これはイイです! ほとんどの人が観たことないでしょう・・・きっと。 日本で未公開だったらしいですから。なんてったってインディーズ映画らしいですから。 私が勝手にイメージしていた韓国映画とはちがう作品でした。 古き良き韓流といいますか、邦画のミニシアター系といいますかそんな手触り。 韓国でこんな映画が作られているとは!びっくりでした。 物語の設定は王道っていうか少女漫画チックなのかなぁって思います。 ラブストーリーが軸になっていますが、そこに人間としての成長と家族の再生というテーマも絡んできます。 2人はともに大きな問題を抱えています。 その問題に向き合う男女の姿勢の違いが優しく丁寧に表現されていました。 主人公のハジョンは問題を抱えつつも、前を向いて歩こうとしています。 しかし、恋の相手のスウクは何か前を向けていない。そばにいるハジョン越しに何かを見ている・・・ ハジョンの家族も同じです。父も弟も今を生きていない。過去を生きています。 女性の前向きな姿勢と、男性の過去にとらわれ殻にこもっている様子が描かれています。 劇中に出てくるスノープリンスという競走馬の生き様がひとつのキーワードになっています。それがこの作品のメッセージなんだろうなぁ。 観終わった後に温かい気持ちになれて、前向きな気分にもなれる佳作でした。 残念な点は短い時間にいろいろ詰め込んだ感があり、ひとつひとつのテーマを深く描き切れていなかったように思えた点が残念でした。 しかし、韓国映画もいいもんだなぁと思えた作品でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
走れ自転車

原題
RIDE AWAY

上映時間

製作国
韓国

製作年度

公開日
-

ジャンル