ここから本文です

パーマネント野ばら (2010)

監督
吉田大八
  • みたいムービー 343
  • みたログ 2,039

3.77 / 評価:1078件

あったかい

  • kyon2630 さん
  • 2019年5月12日 22時25分
  • 閲覧数 995
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

娘を連れての出戻り、なおこ(菅野美穂)は、母、まさ子(夏木マリ)がやっている美容院を手伝っている。“パーマネント野ばら”には今日もおばちゃんたちやなおこの友達が集う。そんな小さな港町での日常。西原理恵子原作。

同じく西原理恵子原作の「女の子ものがたり」の映画はお気に入りなので、今回はどんなだろうと思いながら鑑賞。今回もよかったです。原作は一個も読んだり見たりしたことないですが。

何気ない港町の人間たち、下世話で濃厚な人間関係を描きながら、そんな故郷を嫌うなおこのものがたりを紡ぎ出す。

見終わってみれば、大きな心の傷を抱えたなおこを見守る母親や近所のおばさんたちや親友の暖かく大きな心を感じたのでした。

最後の最後に明かされる真実には、途中ではなんか変だなぁくらいにしか思わず、ラストに気づき、ああ、あのシーンはああいうことで、このシーンはこういうことって見終わってから思い出してました。

それにしても、“パーマネント野ばら”に集うおばさんたちとなおこ の母親がみんなきついパンチパーマっていうのがなんだか漫画チック。

なおこの親友のひとりでバーのママを演じていた小池栄子がよかった。母役の夏木マリも。ただ、2人とも髪型が変。ダメダメ男たちをどんなことがあっても愛する女たちがすごい。そしてパワーがいっぱいあふれてる。2010/05/28

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ