ここから本文です

パーマネント野ばら (2010)

監督
吉田大八
  • みたいムービー 343
  • みたログ 2,044

3.77 / 評価:1083件

ええええっ!こんな話だったの⁉︎

  • sou***** さん
  • 2016年12月31日 11時28分
  • 閲覧数 8115
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

正直、エンディングに驚いた。そして、急激に体温が温かくなるような優しさに包まれる。

西原理恵子の原作。彼女はときどき、髪の毛程の隙間から僕の心を突き刺すような作品を提供してくれる。「パーマネント野ばら」は読んだ事がなかったけど、僕の心をスッと刺し抜いた。そしてそれは、極々細の鍼灸院の鍼のようだった。鍼を抜いたら、ぶわわわぁ、と優しい気持ちが溢れ出てしまう。細い穴から。
西原理恵子の作品は団子に例えると良いように思う。大量の手垢の付いた皮に、おセンチメンタルなメルヘン具材を詰め込んだ団子(しかも、ちょっとだけ農薬混入)。お腹下しそうだけど、癖になる程美味い。たくさん食べるとアブナイけれど、やっぱり美味い。「パーマネント野ばら」は、西原理恵子の団子でも上位の美味だった。

ストーリーも気に入ったけど、女優さん達が良いねぇ。菅野美穂は抱き締めたくなるくらい可愛いし、小池栄子も見事にハマってるし、池脇千鶴も良かった。夏木マリは、僕が出会う映画では「また、この手の役かぁあい」の安定感。子役も、昔の映画に比べると、皆んな上手なもんで。

毒々しい滑稽さに、失笑に収めたいのに吹き出す笑い、美しい女優さん達。凄く気に入った作品でした。きっと、気まぐれにもう一度観ます。まぼろしのような現実、現実のようなまぼろし。きっと、そんなもんです。幸せも人生も。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ