2010年2月13日公開

団地妻 昼下がりの情事

R18+752010年2月13日公開
団地妻 昼下がりの情事
2.5

/ 13

0%
23%
31%
15%
31%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

忙しい夫との会話もままならない団地住まいの専業主婦、清香(高尾祥子)。独居老人の孤独死など近所で起こるさまざまな出来事が、清香をますますうつうつとした気分にさせていた。ある日、浄水器のセールスに来た哲平(三浦誠己)と出会ったことから、清香は情事におぼれていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(7件)

セクシー26.7%切ない26.7%絶望的13.3%かっこいい6.7%不気味6.7%

  • yoy********

    4.0

    中原監督、故郷に錦を飾る?

    40年ほど前、ロマンポルノの記念すべき第1弾は 『団地妻 昼下がりの情事』だったそうですが 僕はその旧作は観ていません で、中原俊監督の手による 今回の新しい『団地妻 昼下がりの情事』ですが 僕は、とても面白かったです ある意味、ピンクのお手本のような作品といえると思います 主人公の専業主婦、清香も お相手の浄水器のセールスマン、哲平も 見た目はぜ~んぜんパッとしません 一方は、仕事で忙しい夫との間にすきま風が吹きはじめ 近所のお話し好きのオバチャンとの付き合いをうまく断わり切れず 金目当ての不良女子高生に簡単に騙されてしまう バカ正直でおとなしい主婦 もう一方は、押しが弱く要領もよくない営業マン 離婚した元妻は幸せな再婚生活をおくっているけど 自分は、難しい年頃の男の子を独りで育てている男 この不器用な似た者同士の二人が ふとしたきっかけで出会い 情事に溺れていくことで、しばし輝きを取り戻していくのです 中盤の、まるで堰を切ったかのように求め合う 子供に戻ってしまった二人のおままごと的やりとりを描いた長~いシーンは 日々の生活に疲れきった者たちの 夢のようなひとときであり、単なる現実逃避でもあり… 観ていて何とも言えない 微笑ましくも、もの悲しいシーンでありました 劇中 哲平の息子をきちんと物語に絡めるのか絡めないのか その扱いが中途半端だったことと 単発に終わってしまっている感のエピソードがあるのが ちょっと残念なところですが 全体的に情感あふれる、素晴らしい作品になっていると思います 清香役の高尾祥子さんは さすが、舞台出身の女優さん!という感じ 確かな表現力を見せてくれます 僕は、いまだかつて あんなに切ない「こんにちは」というセリフを聞いたことがありません! せっかく復活したロマンポルノ 今後のラインナップにも期待します

  • クリス

    1.0

    ネタバレうーん…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • maf********

    2.0

    リメイクの必要性

    前作を見ていないので比較は出来ないが、あえて団地妻というモチーフで作る必要性があったか疑問である。 主演の女優は舞台で活躍する人らしいが、セリフ、立ち居振る舞いすべてに本当に舞台女優か?と思ってしまった。 他のレビューにもあった食べ物を介したセックス描写は、タンポポで伊丹十三が既にやっており、あちらは映像的に美しかったが、こちらはカレーを指につけて食べさせあうという下品極まりない描写になってしまった。 ただ、相手役の三浦誠己は、息子を持つシングルセールスマンの悲哀を上手く演じていたと思う。 せっかくロマンポルノと謳ったのだから、過激ではなくともエロスを十分感じさせる、たとえば、ラスト、コーションのようなシーンがあればよかったと思う。 第二弾が製作されないのは、仕方がないのかも。

  • sta********

    4.0

    舞台女優さんが主演

    22年前の日活ロマンポルノの復活「リターンズ」版ということで、制作側客側含め当時を知る人達からはある種のかなり熱い思いがこもっているそうで、今回のリメイクに際しては、「女性に観てほしい」であったり、「現代という時代の描写」であったりが謳われています。 個人的には、本作の最大のポイントはあの劇団東京乾電池の正統派舞台女優を主演に起用したことですね。あっぱれです。こんなキレイな人いたんですね。

  • ままお

    4.0

    サラリーマンと主婦の素顔

    セールスマンをしている普通のサラリーマンと、団地に住む普通の主婦が仮面をはいだら、甘え合う関係に。濡れ場を含めて、甘え合っている関係がリアルに描写され、このような描写はロマンポルノのような成人映画でないとできないと思いました。大人なのに、子どものように体と体でじゃれあってます。 (ちなみに、私は、昔のロマンポルノは観たことがありません。) 濡れ場のシーンはストーリー全体のなかで、自然に出て来るという印象ですが、サラリーマンと主婦の恋愛に至るいきさつを、もう少し詳し描いていたほうが、よりストーリーも味わえたのではないかと思います。 そうはいっても、サラリーマンと主婦に影の部分があり、寂しさから衝動的に恋愛に走っていったという内容は、うまく、映像化しています。 予算の関係もあるでしょうが、DVDをプロジェクターでそのまま流しているようなかんじだったのが、私としてはイマイチでした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
団地妻 昼下がりの情事

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル