ここから本文です

団地妻 昼下がりの情事 (2010)

監督
中原俊
  • みたいムービー 28
  • みたログ 19

2.46 / 評価:13件

うーん…

  • chrisredfield1245 さん
  • 2010年2月25日 0時41分
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

個人的な意見なので、賛否あると思いますが、70分ちょっとの映画としては前置きが長すぎて、映画全体の時間配分としては不十分だと思いました。
主人公の女性のドジ加減も、チョット度が過ぎる気がします。あんなに「ハイ、ハイ」と言われるままに浄水器を買ってしまったり、女子高生に簡単に騙されてしまったり、相手の男性の事が気になるからといって、団地内をキョロキョロと探し回ってしまって人目に付き過ぎたり。しかも、最後には、シラを切り通さずに、不倫していた事を認めてしまって、えーーー!って思いました。男性の目から見てカワイイと思えるレベルのドジではなかったです。
それに、女子高生に騙されて写真を撮られてしまったという事や、相手の男性の子供の存在も、もう少しストーリーに関係して欲しかったです。そうでなければ、あまり必要の無いシーンなのではなかったかな。あと、相手の男性も不倫という立場であった方がストーリー的に面白かったのではと思いました。
ラブラブなシーンでの、赤ちゃんプレイには、引いてしまいました。子供に戻ってしまうのではなく、もう少し、大人の恋愛っていう雰囲気を出して欲しかったです。あと、お互いに手にカレーを付けて、それを食べさせ合ったり、食べ物が口に入ったままのディープキスなどは、汚い感じがしてしまいました。食べる物に関しては、あそこまでしないで欲しかったです。
映像的には、体液は床ではなく、腹部や太腿とかへ出した方が、もっとセクシーな感じに映ったのではないかな。
花屋のおじさんも、主人公の女性をジーーッと後ろから凝視するシーンもあったので、そこでも何かあっても良かったです。っていうか、何かあるのでは!と期待してしまったのが空振りでした。
また、最後のシーンでは、なぜあそこで「こんにちは」で素通りだったのか。そこも物足りなかったです。
もっと頭の切れる女性が、不倫がバレそうになりながらハラハラ、でもスマートに切り抜けてこれからも関係が続いていく。という感じで、もう少し観たいな、この後どうなるの?みたいな終わり方をして欲しかった。また、そう期待もしていたので、チョット拍子抜けしてしまいました。私の求めているものと、製作者側が意図するもののズレがあっただけなのか?それとも、主人公の女性のイメージなど、私のような感想を持たせるのが目的であれば、映画的には成功なのだと思います。
22年振りの日活ポルノの復活で、これから新作も出てくるという事で、楽しみに待ちたいと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ