ここから本文です

ヒーローショー (2010)

監督
井筒和幸
  • みたいムービー 78
  • みたログ 619

2.99 / 評価:329件

暴力と背徳の世界にグイグイ引き込まれた

  • ジャンゴ さん
  • 2010年5月31日 18時28分
  • 閲覧数 295
  • 役立ち度 37
    • 総合評価
    • ★★★★★

昼起きたら、ストレスが貯まっていて、無性にR-15指定の鮮血が見たくなった。
ちょっとした事で切れる若者、挙げ句は殴り過ぎて殺人まで犯してしまう。この映画の若者たちは、かなりストレスが貯まっていると感じた。
殴り合い、鮮血、殺人、非日常的な暴力と背徳の世界にグイグイ引き込まれた。不思議な映像体験だ。この手のリアルな暴力映画をあまり観てないせいもある。物語も、突然の死、内気な主人公の運命はいかに?最後まで目が離せなかった。
「野郎同士で殴り合って、殺し合って何が楽しい!ストレス貯まってるなら、好きな女と寝たり、風俗で遊んでス~としなさい!!」と言いたいが、彼らはちゃんとした仕事も金もない。悪友と群れをなしているも仕方がないか。
現在日本の若者の実態を誇張して描いたに過ぎないかもしれない。忘れようとしても忘れられない映画だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ