ここから本文です

蛇のひと (2010)

監督
森淳一
  • みたいムービー 157
  • みたログ 438

3.49 / 評価:247件

解説

第2回WOWOWシナリオ大賞を受賞した作品を、『重力ピエロ』の森淳一監督が映画化したサスペンスドラマ。ある男の失踪(しっそう)をきっかけにあぶり出される、人間の宿命や業の深さを映し出す。『人のセックスを笑うな』などの永作博美が、前向きな主人公を熱演。その上司を、『蟹工船』の西島秀俊が関西弁を流ちょうに操りつつ演じている。ミステリーの要素を残しつつも、人の心の奥底に眠る欲望や願望をえぐり出していく展開が素晴らしい。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

陽子(永作博美)が出社すると、部長(國村隼)が自殺し、おまけに課長の今西(西島秀俊)までが行方不明で会社はパニックに陥っていた。部長の葬儀を済ませた後、彼女は副社長に呼ばれ、今西に会社の金を横領して逃亡した疑いがあると告白される。陽子は上司である彼の行方を捜すよう言い渡されるが、その足取りはなかなかつかめず……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ