レビュー一覧に戻る
エディ・マーフィの 劇的1週間

jig********

3.0

エディ復活の兆しか

娘は毛布離れが出来ない空想少女。 自分は投資のアドバイザーで生計を立てている忙しい身。 娘との仲はそこそこと思っていたけれども、 娘のほうはそうは思ってなかったみたい。 ありがちなというか親が離婚なのか別居なのかという 家庭でエディさんはお忙しいようで娘そっちのけです。 ところがどういうわけか娘の妄想の世界の人物が 株に詳しくてどれもこれも的中! これは利用しない手はない・・・。 なんて考えてしまうあたりさすが忙しいビジネスマン。 娘と遊んでる風を示しながらも ちゃっかり株情報を引き出すエディさんさすがです。 そんなことしてると娘が悲しむよ~って 思っていたら案の定という流れです。 コミカルな演技など さすがエディさんですねと納得の演技で、 あの頃のように彼押しでぐいぐい前に出過ぎないところも 作品として方向性は合っていたように思いました。 子供が出てくることで、エディの一人舞台が 緩和されているように感じられて 出過ぎないエディというのもなかなかよいと思いました。 昔はエディの一人芝居でも面白おかしかったのですが、 最近じゃそれも食あたり気味に受け取られちゃうのかなと。 それって時代の流れですかねとか思いましたが、 エディ・マーフィが再びスクリーンで輝く日が やってきたのかな~とちょっと嬉しく思います。 今の時代は彼のアクの濃さはちょっと薄めても 充分通用するのかなということで、 今後も周囲の人とのバランスがよければ 彼のいいところもさらに出てくるかと思います。 物語は王道なのであえて言う必要もないですが、 子供はいつでも親を信じているし遊びたいと思っているから そんな子供の心を親は裏切らないで欲しいなと感じる作品でした。

閲覧数419