レビュー一覧に戻る
パリより愛をこめて
2010年5月15日公開

パリより愛をこめて

FROM PARIS WITH LOVE

R15+952010年5月15日公開

kyo********

3.0

ジョン・トラボルタの動きがすごい

フランス、パリのアメリカ大使館員、リース(ジョナサン・リース・マイヤーズ)は、ある時、CIAの諜報員で、ハチャメチャで豪快なワックス(ジョン・トラボルタ)を相棒として迎え、ある麻薬組織を壊滅する指令を受け、2人で組織を追うことに。徹底的に相手をつぶす(殺す)ワックスに、リースはついて行けない。原案リュック・ベッソン、監督ピエール・モレルのサスペンス・アクション。 詳しいことはなんにも知らずに行ったのですが、おもしろかった(*^▽^*)なにしろあの大きい体で身軽でタフで切れがあるジョン・トラボルタがいい(・∀・)あんなに動けるとは。スタントは本人だそうです。銃撃戦は見かけ通り、すごい迫力。っていうか、腕がいいのか度胸がいいのか分からな いけれど、強すぎ(((゜д゜;)))カーアクションもすさまじい。テロ犯を追いかけるカーチェイス自体もすごかったけれど、助手席に乗っていたジョン・トラボルタがある行動に...( ̄□ ̄;)!!とんでもないアクションシーンでした。あっという間にラストまで持って行かれてしまいました。 苛酷でひどい状況を乗り越え、成長していくリースの姿にも見所あり。2010/05/19

閲覧数1,014