レビュー一覧に戻る
都市霊伝説 心霊工場
2010年3月6日公開無料配信

都市霊伝説 心霊工場

742010年3月6日公開

shi********

2.0

ネタバレホラー映画を観続けてる人ならスルーも可

ホラー映画を繰り返し観ていると どうしたってパターンを覚えてしまいがちで そうした知識を持ったまま観てしまうと この作品で恐怖を感じるのは難しいと思います。 でもそれはなかば予想できていたことで 別段文句もありません。 こうしたパターンにはまってしまうことを承知しながら それでも繰り返しホラー映画を観るのは 恐怖を体験させるための新しい仕組みが こういう小さい作品で生み出されているんじゃないか という期待があるからです。 ホラーというジャンルには 予算をかけず工夫によって恐怖を生み出す 挑戦に満ちた世界である というイメージがあるので 小さな劇場での規模の小さな公開と聞くと 逆に期待が高まる といった事もおこってしまうわけです。 もちろん期待に応えてもらえるのは稀です。 というわけで今回も普通のホラーであり この映画で初めてホラーに触れる人には 十分怖い作品になりうるくらいのものだとは 思います。 どうかと思う演技とか 舞台の安っぽさもありますが ホラーというジャンルではそんなマイナス要素すら 恐怖のための味付けになり得ます。 学芸会のような台詞回しを現実でしている人がいたら そりゃ怖いですよ。 というわけで そもそもこじんまりやっている映画なので 文句を言う筋合いでもないのですが あくまでも個人的な意見として 具体的にどこが気に入らないかを書いておきます。 まず 自殺や殺人事件が起こる不吉な場所 として廃工場が設定されているのに 映像や演出からは 場所としての不吉さが感じられません。 自殺が行われたであろうと予感させる場所 とか 不吉な映像が用意されておらず ただの薄暗い工場に見えます。 そりゃ暗い工場は怖いだろうけど その「怖い」は 知らない場所で かつ暗いから怖い というレベルでしか感じられませんでした。 ただ 工場序盤で出てくる警告する男女の影は 良かったです。 あの男女の影は人ではない事を予感させて それでも警告してくれてるから善霊っぽい感じで その後の展開に期待を持たせてくれましたが 霊能姉に除霊されて終了といった雰囲気でした。 あら残念。 つづいて 主人公グループの襲われ方も工夫不足に見えます。 一人になったところをひきずられるパターンばかりです。 トイレの場面は面白い絵でしたが その後に残された人間のの慎重なつもりの?行動が むしろのんきに見えて恐怖が感じられませんでした。 襲撃者の外見もぎりぎりまでひっぱるわりには インパクトに欠けます。 実在するクリーチャーとしてはギレルモクリーチャーほど魅力が無く 幽霊としてはいろいろはっきり見えすぎて不安になりません。 途中出てくる手紙も既視感のあるネタです。 ホラーで一番の工夫しがいのあるこれらの描写に 新鮮味を感じられないのでなかなか乗り切れません。 あとはラストです。 お化け屋敷系ホラーとしては その場所から脱出したらおしまい となりがちで だからこそここで安心させておいてのオチ くらいの工夫はあってもよさそうですが 脱出前にエンディングとなりました。 安心した後にオチがくるのが 定番すぎるからといって 安心もさせずに終わらせてしまっては余韻もなにもなく 脱出すらしていない段階でオチをもってきちゃうと 結局は怖い場所に近づかなければ大丈夫 という話になってしまうのではないかと。 ホラーとしてはやっぱり 観終わった後 一人の時間に不安に襲われる くらいの嫌がらせを期待したいです。 というわけで全体的に食い足りない印象でした。 多分ハードルが高いんですけど 一箇所でもおいしくいただける所があれば 評価上げちゃうのもホラーならありうるので 一工夫だけでもお願いします。

閲覧数789