ここから本文です

SとM 劇場版 (2010)

監督
仰木豊
  • みたいムービー 11
  • みたログ 32

3.08 / 評価:13件

解説

村生ミオ原作の人気コミック「SとM」を映画化した衝撃のエロチック・サスペンス。ある女性との出会いによって道を踏み外すことになる、ごく普通の男性の転落の人生をつぶさに見せる。なまめかしいヒロインを『お姉チャンバラ THE MOVIE vorteX』の川村りかが演じ、ベッドシーンにも果敢に挑む。彼女に翻弄(ほんろう)される会社員に『オンナゴコロ』の小田井涼平。日本版『危険な情事』とも言える、エロスと狂気の入り交じった展開に驚がくする。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

まじめにまっとうな人生を歩んできたサラリーマンの誠(小田井涼平)は、妻(西本はるか)と愛娘に囲まれて平凡だが幸福な日々を送っていた。そんなある日、彼の部署に派遣社員の沙耶(川村りか)が配属される。沙耶はあらゆる手段を使って誠に接近し、やがて二人は関係を持つようになるが、それはただの情事だけでは終わらなかった。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ