ここから本文です

ザ・コーヴ (2009)

THE COVE

監督
ルーイー・サイホイヨス
  • みたいムービー 101
  • みたログ 279

2.29 / 評価:262件

アカデミー賞って・・・

  • oja***** さん
  • 2010年3月12日 5時29分
  • 閲覧数 336
  • 役立ち度 149
    • 総合評価
    • ★★★★★

ドキュメンタリーがこの作品で、6冠に輝いたのが、原住民が白人から勝利を勝ち取る”アバター”ではなく、アメリカが英雄的に描かれた”ハートロッカー”・・・・なんだかなぁ。結局白人偉い映画じゃなきゃだめですか・・・・

 さて、この映画・・・「じゃあ、あんたらは牛や豚・・・って話はさんざん既出だからクドクド言わないけど、この手の動物愛護、愛玩映画や映像媒体がでると後に起こる過剰愛護のツケのほうが動物にとって気の毒におもえる。犬がかわいいCM、かわいそうな映画がながれればブームになって、こぞって飼い始めて数年後には野犬化して、処理犬になっていく。カクレクマノミの親子が人間に引き離されて、必死に取り戻す姿に感動しといて、カクレクマノミを飼って、飽きたら放流・・・・もうやめない?動物おもちゃにすんの。

 極論、今後クジラ・イルカを徹底保護して、彼らが海に生きるもの達を壊滅的に食べ果たして海がクジラ・イルカだらけになったらどうせ”海を守る為に”とかでシー・シェパードの連中だって狩るんでしょ?悪いけど、環境保護の名目でカンガルーを狩りしてるオーストラリアに支援されてる団体が否定したって説得力ないから。

結局”こんなことやってますよ”とか”こんなにかわいいんだよ”なんて作品作っても一時のブームとそのツケを産むだけ!こういうことをうったえたければ一方的に”やめろ!”じゃなく、”こういう方法をとればどうだろう”と提言するようにしたほうが良いと思う。命を大事にするっていうのは、過保護ではなく、命に対する慈しみと感謝を持つことだと思う。

最後に申し訳ないですが、作品は未見です。予告見るだけでも、”オーシャンズ”と一緒で一方的な感情のお仕着せにしか感じなかったので。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ