ここから本文です

ザ・コーヴ (2009)

THE COVE

監督
ルーイー・サイホイヨス
  • みたいムービー 101
  • みたログ 280

2.30 / 評価:263件

独りよがりドキュメンタリー

  • alb******** さん
  • 2010年3月15日 11時29分
  • 閲覧数 212
  • 役立ち度 138
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず言いたい事は、この映画を作って劇場で公開しても、イルカ漁は無くならない。この映画に携わった関係者よりもイルカ漁関係者の方が圧倒的に権力が大きいからだ。そして法律の範囲内で漁をしているという楯があるからだ。この映画に出てくるイルカたちは恐らく食用だろうが(実際に市場で売られているぐらいだから)、法律の範囲内で、それも食の需要に伴って殺すのは日本に限らずアメリカ、ビジョンを広げれば世界でも同じ事なのでは?
イルカの調教師をしていたという方が出演していると聞いたが、ならば馬を調教した人間はどうなのと言いたくなる。彼らだって立派な競争馬に育てる為に調教しているが、育てた馬が走れなくなり、先が無いと判断して安楽死させるやりきれない気持ちは計り知れないもの。
盗撮という撮影方法自体が卑怯で、まるでガキのイタズラだ。そんなに訴えたいのならどうして団結して関係者を訴えなかったのだろう?いや、むしろこの映画を作った事自体卑怯なのかもしれない。良心があり、可哀想だという気持ちがあるのなら正々堂々と日本に出向くべきだろう。

この映画を観ても何の効力は感じられない。人は生きる為に食べなければならないのだから。ただの独りよがりでしかない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ