ここから本文です

大奥 (2010)

監督
金子文紀
  • みたいムービー 460
  • みたログ 3,006

3.35 / 評価:1858件

見方によりけり

  • mez***** さん
  • 2019年10月24日 22時22分
  • 閲覧数 1628
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「大奥」であると考えずに観ると良いと思います。

実際の大奥に関する知識がないので、他のレビューを見て思ったことなのですが…この作品は「大奥」という名前ではあるものの「大奥」はしてないんじゃないかなぁ、と(偉そうにすみません)。



キャストの皆様はやはりお綺麗ですね。
特に柴咲コウさん。そのビジュアルもさることながら、強気さと乙女らしさを兼ね備えた雰囲気がとても良かったです。あと、堀北真希さん。流石の演技力でしたね。女性陣の演技がとても素晴らしかったなという印象です。
もちろん、二宮和也さんのあの揺れ動く感じも、玉木宏さんの妖艶さも、大倉忠義さんの儚さも、良かったです。

ストーリーは良くも悪くもわかりやすいです。とても単純。展開が読めてしまいます。なのでサラ〜っと観たい方は良いかもしれません。とはいえ、多少の性的描写や、レビューでも賛否両論が起こっておりました男性同士の情事が描かれておりますので…。

その、男性同士の情事なのですが、私は男の大奥として描かれていた時点でなんとなく覚悟をしていましたが…なんというか、あまりに軽い。もっと堪える感じかと思いました。ムロツヨシを筆頭とした男たちが水野を襲うシーンですが、あまりにも軽い。本当に襲う気がありますか?あ〜多分跳ね除けるんだろうな〜と思いながら観ていたら案の定でした。まぁでもこういった所が観やすいに繋がっているんでしょうね。


最後に個人的な意見ですが、水野は不憫なままで良かったような気がします。最後の生きていたオチにげんなりしました。でも仮に、あのまま処刑されて終わったとしてもそれはそれで物足りないでしょうので、まぁ仕方ないのかなぁと。短くしか描かれていませんが、鶴岡の心の乱れ様とあの死に様くらい淡く切なく美しく散ってもらいたかったものです。

でも面白かったです。また観ます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ