ここから本文です

アデル/ファラオと復活の秘薬 (2010)

LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC/THE EXTRAORDINARY ADVENTURES OF ADELE BLANC-SEC

監督
リュック・ベッソン
  • みたいムービー 138
  • みたログ 1,199

2.85 / 評価:515件

もったいない感満載

  • kyon2630 さん
  • 2019年5月5日 6時40分
  • 閲覧数 687
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジャーナリストのアデル(ルイーズ・ブルゴワン)は次回作(執筆)の取材のため、エジプトの王の墓へ。あるミイラを手に入れる。それには、別に理由があった。リュック・ベッソン監督。

冒険で、ファンタジーで...全体的に的が中途半端で、どこににスポットを当てているのかいまいち分からず( ̄_ ̄ i)その上突っ込みどころ満載。ヒロインのルイーズ・ブルゴワンはとても魅力的なのにもったいない。意味の分からないサービスカットもあるし。

「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリックがある役で出ているのだけれど、特殊メイクで全く気がつかなかった(゜д゜;)この役に関しても、何のために作ったのか分からない中途半端な役所ヽ((◎д◎ ))ゝ

科学者のエスペランデュー博士、科学者なんだか魔術師なんだか...翼竜(飛ぶ恐竜)も出てくるんだけれど、使われ方が今一歩中途半端。もったいないところがたくさんでした。

ところどころ見所はあるのだけれど、それが生かしきれていない繋がっていない...で残念でした。つかみがよかっただけに。冒険はどこへ。

でも、元はフランスの人気マンガが原作と言うことなので、どうしてこうなってしまったのか謎なのだけれど。2010/07/08

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ