JIGSAW デッド・ゾーン
2.2

/ 5

0%
0%
40%
40%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)

不気味27.3%恐怖27.3%パニック18.2%切ない18.2%悲しい9.1%

  • gag********

    2.0

    危険な薬品 PCP

    シリーズ物(監督も一緒というわけ)ではないのに日本(邦題)で勝手にJIGSAWシリーズ化れている作品のひとつ。 どれが未見でどれが既に観たのか”見たログ登録”しておかないと、うっかりまた借りてしまう恐れのあるセガール主演作の様な厄介邦題シリーズ。 痛みを感じず脳をドロドロにしてしまう恐ろしい薬PCPを摂取した、誘拐された子供達はまるでゾンビの様。 父子の再会は切なかった。

  • tos********

    3.0

    ネタバレ気になる点

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • xsh********

    2.0

    パッケージほど怖くない

    スプラッターっぽいのはあまり好んでみないのですが・・・期待を込めて借りてみた。 1度っきりで十分でしょう~!後半あたり解放された誘拐されて監禁生活された子供たちが大人になってて暴れるんですがゾンビみたいだった・・・訳わからんっ。

  • mkk********

    3.0

    最も残酷なゲームが始まる そうです

    14人の少年、少女が姿を消した連続児童失踪事件。 それから10年後、息子・カイルを最後の犠牲者にされた警察官のドウェインは、パーキンスという容疑者を誘拐犯と断定する。 パーキンスの家の地下室を調べると、そこには誘拐された子どもたちが生きていた。  やっぱり観ちゃうこのシリーズ。(BY アルバトロス) 子どもたちを誘拐した犯人が冒頭で分かってしまい、 一体これからどうなるの?と思いましたが、そうなるのかという感じで。 飼育された子どもたちは生きていたのですが、 パーキンスは薬剤師だったようで、薬も使ってたようです。 警察署に収容されていた少女が押収した薬品を見て、 「これって怪力になれるけど、脳ミソがドロドロに溶けちゃうんだよね」 と、さらりと言っちゃってくれますので、何気に分かっちゃいます。 ゾンビ化してます、彼ら。 そんな彼らが街に出没なので、さぁ大変です。 でも後半、ドウェインは息子のカイルと対面します。 さて、この親子はどうなるのでしょう。 ラストのシーンで、それがこの作品の趣旨なのね…と思いました。 自分の子どもが同じ目に遭ったら、ドウェインのようにやっぱり殺せないのかな…とか、 考えるところもありました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
JIGSAW デッド・ゾーン

原題
PERKINS' 14

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-