ペティグルーさんの運命の1日

MISS PETTIGREW LIVES FOR A DAY

93
ペティグルーさんの運命の1日
3.9

/ 30

40%
30%
20%
0%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)

ロマンチック18.2%楽しい15.2%かわいい12.1%ゴージャス12.1%コミカル12.1%

  • ky7********

    4.0

    微笑ましい

    ミニシアター系なら珍しく起承転結ハッキリなイメージ。

  • スーザン

    4.0

    頑張れペティグルーさん。

    小品ながら、小気味良い展開で楽しませてくれる。 フランシス・マクドーマンドとエイミー・アダムスが芸達者な所を見せてくれるし、嫌味が無くて良い。 収まるべきところに収まって終わるのは最初から想定内だが、途中の二人の演技の面白さを楽しもう。

  • ☆希望の星☆

    5.0

    恋愛の教科書

    フランシス・マクドーマンドという俳優さんに注目 今まで色々な作品で見ているがどちらかというと 地味でキラキラしたタイプではない が かっちりと見事に役を演じ切る素晴らしい俳優 愛について考えさせる そして何かが見えてくる もっと早く見るべきだったかも このまま舞台でやっても成り立つくらいの セリフの高い密度 緊張感 名言もありメモった 音楽 ジャズのフルバンドの演奏 素晴らしい 素晴らしい ストーリー 俳優 カメラワーク 音楽 どれもケチのつけようがない 上等な作品

  • いやよセブン

    4.0

    バディムービーの変化球

    ペティグルーさん(フランシス・マクドーマンド)はお手伝いさんだが、率直な物言いのため長続きしなかった。 斡旋所からも見放されるが、食うにも困る状況なのでインチキして希望しているアパートに行く。 住んでいたのは若手の女優(エイミー・アダムス)で、仕事をもらうため男性三人の間をウロウロしていた。 鉢合せの危機的状況から救ってくれたペティグルーさんに全幅の信頼を寄せる。 第二次世界大戦開戦前夜のロンドンで繰り広げられるロマコメだが、ふたりの女優で楽しませてくれる。

  • gfq********

    4.0

    さぁ!3人の内誰を選ぶの?

    舞台は1939年のロンドンらしい。 ほとんど室内でのロケだからか、古い時代という感じはしません。 パーティ会場とホテルの部屋の場面がほとんどです。 ひょんなことから、社交界に紛れ込んだ中年女性が、男を手玉にとる若くてきれいな女性とコンビのようになる1日。 手玉にとられている男たちも勝手なもの。 好き勝手にやっている男女のお話であるんだけど、なんでだかドロドロ感がまったくなく、小気味いいテンポで話が進んでいく。 このペテイグルーさんが、小気味良くなるよう、若い女性を手助けしているからでしょう。 見慣れない映画作品といった感じ。 また見たい!ってほどではありませんが、新鮮ではありました。 一度見るにはおすすめです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ペティグルーさんの運命の1日

原題
MISS PETTIGREW LIVES FOR A DAY

上映時間

製作国
イギリス/アメリカ

製作年度

公開日
-