2010年4月17日公開

育子からの手紙

1052010年4月17日公開
育子からの手紙
4.4

/ 16

56%
31%
6%
6%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

結核性股関節炎の手術のために、夫や息子のことを気掛かりに思いながらも、やむなく入院した主婦・喜美子(原日出子)。ひょんなことから、隣りのベッドで治療を受けていた少女・育子(宮崎香蓮)と言葉を交わすようになった喜美子は、病室が変わり、その後しばらくして退院した後も、育子と手紙のやりとりをするようになる。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(14件)

泣ける24.3%切ない24.3%悲しい13.5%勇敢13.5%かわいい10.8%

  • t50********

    2.0

    ありそうでない話

    最後がハッピーエンドではないのはわかるが不完全燃焼 ただ身近に同じ状況の人がいるので胸が痛かった

  • jaz********

    4.0

    ネタバレ8点:有森也実の演技に胸を憑かれる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aqu********

    4.0

    人はどこまで、強くなることができるだろう

    「そんなに苦しいのなら、一緒に死のう」  本当に、勇気のある者でなければ  強いものでなければ、  言えない、言葉…。 手紙は、実際そこにいる人より 人を勇気づけることがある。 勇気づけることが、できる。 「Mayu-ココロの星-」でも  ずいぶんと泣いてしまいましたが この映画も、ハンカチがあった方が よい映画です。 実際にあった原作を 映画化したお話。 作っているところがないからこそ 奇をてらうことなく、ストレートに 心に響いてくるのだと 思います。 人が人を勇気づけること 勇気づけられること それらは、実は 相互作用なのかも、しれませんね。 人と人とは 魂でつながれているところがあって 出会うべくして出会い 知り合うべくして知り合っているのだと 私は思いました。 また、苦しいことや大変なこと それらは嫌われることが多いですが その苦しいことや、大変なことを 乗り越える過程で 初めて仲間ができたり、絆を深めたり できるのだと 逆にそれらがなければ バラバラだった友や家族も いるかもしれないと そんなことを考えます。 主題歌が、とてもいい歌で こちらも涙を誘います。 公開規模も少ないし その上映されている映画館も 小さいスクリーンですが こういう映画だからこそ、 多くの人に観られるといいな、と 素直に思いますし 感じます。 口紅のシーンはほんと ダメでしたね。 思い出しただけでも… です。。。 人ってどこまで強くなれるのだろう? そんなことを考えながら ご覧になられるとよいと思います。 先生の台詞でもありましたが 人が努力している姿は 本当に人を励まします。 自分一人だけ、と思わず 努力し、努力し続けること 大切にしていきたいと思います。 この映画のために、 彼女が病気にかかったとすれば それは一つの使命だったのかもしれないと この映画を観て思うのです。 この映画が多くの人を励ましますように 力づけることが、できますように 私は祈ります。      ☆ こんな、単館の映画なのに 家族親子でご覧になられているグループがいて 素敵だな、と思いました。 ぜひ、機会がありました ご覧ください。 とてもまっすぐで ストレートな映画です。 本当に心に残る、映画でした。      ☆ 人は自分に「なぜ?」と問いかけ もがき苦しんだ分だけ 強くなれるのだと思います。 それは自身の、魂への問いかけでもあり 人生と生きる意味を問う、 真摯な生命〈いのち〉の姿なのだと 私は感じます。

  • sad********

    5.0

    号泣しました。

    映画館で号泣した映画は初めてです。 実話のこの作品。 育子ちゃんの言葉 「泣いても1日、笑っても1日、同じ1日なら笑っていよう!」 という言葉にも号泣。 育子ちゃんを演じる宮崎華蓮さんは あの「まぼろしの邪馬台国」の宮崎康平先生のお孫さん。 宮崎さんの一生懸命な演技と 喜美子さん役の原日出子さんの素晴らしい演技に 本当に涙が止まりませんでした。 一生懸命生きよう!1日1日を大切に!! 育子ちゃんありがとう! また素晴らしい映画に出会いました。

  • sev********

    4.0

    別の意味で悲しくなることが

    難病モノは、はっきりいって嫌いなジャンルなのであんまり見ることはないのですが、ふとしたきっかけで観てしまいました。 あざとい演出が少ない点は好感が持てるんだけど、男性役者陣の影が余りに薄い感じがしました。 メインの二人よりも有森さんの芝居にやられました。 悲しくなるのは最近若い俳優よりも父親母親役の役者さんに感情移入する機会がドンドン増えてることです。 精神年齢は若いつもりだし実際に子供がいる訳じゃないのに。 子供がいてもおかしかない歳だけど、実感がないくせに感情移入しまくってる自分に驚きを隠せません。 すいません、愚痴になっちゃいました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


宮崎香蓮増岡育子
有森也実増岡真弓
天宮良増岡敏雄
颯太副島剛
田中実新城医師
中西良太石田医師
渡辺梓うめ
渡瀬恒彦小野寺医師
佐藤B作副島悟
原日出子副島喜美子

基本情報


タイトル
育子からの手紙

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル