ここから本文です

劇場版“文学少女” (2010)

監督
多田俊介
  • みたいムービー 36
  • みたログ 172

3.16 / 評価:61件

傷が絶えない

  • tsi***** さん
  • 2013年7月20日 21時00分
  • 閲覧数 963
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ひとまず、アニメであのキャラデザを再現するのは難しいですね。放浪息子の技術を借りてきたら話は別でしょうが。逆に、独立した作品として見れます(笑)
平野さんが豹変するシーンがありまして、初めて声優の演技で身が締まりました。
何回泣かせるんだよ、という本編に加え、ユーフォニアスですよ。
救いを感じさせるラストでとても良い作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ