ここから本文です

劇場版“文学少女” (2010)

監督
多田俊介
  • みたいムービー 36
  • みたログ 172

3.16 / 評価:61件

解説

原作のライトノベルが累計150万部を突破するなど、高い人気を誇る野村美月の「文学少女」シリーズを劇場アニメ化。本をちぎって食べてしまうくらい物語を愛する文学少女と、彼女に翻弄(ほんろう)される後輩が活躍する学園ミステリー。「ワールド・デストラクション ~世界撲滅の六人~」の多田俊介が監督を務めている。文学小説や作家が鍵となって展開するユニークなストーリーと、こだわりのアニメーション映像に注目だ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

物語や文学を愛するあまり、本当に本を食べてしまう文学少女、遠子。そんな彼女の秘密を知ってしまった新入生・心葉は、文学部に無理やり入部させられ、遠子のためにおやつを書く日々を送ることになる。ある日、遠子のおやつのために設置した“恋愛相談ポスト”に1通の手紙が……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ