ここから本文です

BUNGO -日本文学シネマ- 魔術 (2010)

監督
熊切和嘉
  • みたいムービー 10
  • みたログ 22

2.67 / 評価:9件

人の心の、その奥底を・・・

 芥川龍之介原作だそうですが、私は原作を読んではおりません。ですので、どこまで原作に忠実に映画化されたのかは知りませんが、原作未読の私が観ても(といいますか、未読だから、なのかもしれませんが)なかなか面白かったです。

 芥川作品らしい、人の心の奥底・真理を突くようなお話、堪能させていただきました。主役の塚本高史さんも、違和感なく演じられていて、同シリーズの「高瀬舟」とはまた違った面白さがありました。

 原作を特に気に入っている場合、その映像化・映画化作品を観てみるとがっかりすることが多いいですよね。でも考えてみれば、それは当然のことです。原作を読んでいるときには、読んでいる人がそれぞれ「勝手」に、それぞれの頭の中で自分の好きなように場面や主人公などを構築して読んでいるのですから。言わば、頭の中は自分の好み100%なわけです。でも、それが映像化されると、たいていの場合、「自分の思っていたのと違う!」ということになるわけです。ですから、特に有名な作品、人気のある作品を映画化する場合、その当事者はよほどの覚悟をもってその仕事に取り組まなくてはなりません。

 ただ、先述のように、私はこの作品を読んだことがありませんので、それがよかったのかどうかはわかりませんが、本作、とっても楽しませていただきました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ