レビュー一覧に戻る
エルム街の悪夢
2010年6月26日公開

エルム街の悪夢

A NIGHTMARE ON ELM STREET

R15+952010年6月26日公開

pum********

3.0

フレディ・クルーガーは突然に

( 26 june 2010 -20:50 - なんばパークスシネマ - JUDE ) 今では様々なホラー映画を観ていますが、 いままでで一番怖かったのはホラー映画ってのはなんだったのか。 私にとっては、「エルム街の悪夢」こそ、最恐の象徴でした。 え?って思う人はいるかもしれません。 そう、大人になってから観ると、 エルム街の悪夢なんて、チャイルド・プレイと並んで笑いどころしかないわけでw 肝心のフレディがオチャメってのもあるんですが、 所謂、B級テイスト満載の、B級ホラーマニア好みの映画と言うか。 けど、子供のころは怖かった。 内容は、実はほとんど覚えておらず、 おそらく、最初から最後までキチンと見た事は無かったと思う。 ただ、週末の晩のTVで、エルム街の悪夢が放送されて、 寝たら死ぬってぇ、今から電気消して闇に包まれて寝ようとする子供にぁ、 そりゃご無体なって話ですよw 子供のころは、フレディの風貌や、ピエロのようなキャラクタも怖かった。 エルム街の悪夢は、そういう意味で、内容どうこうではなく、 私にとっては心に深く刻まれた恐怖のシンボルみたいなもの。 だからこそ、印象的なブギーマンは、 私にとってはジェイソンでもマイケルでもなく、 フレディなんです。 そんなエルム街の悪夢のリメイクと言うことで、 楽しみにしておりました。 これは再三言っておりますが、私はリメイクやなんかの原作の映画化ってのは賛成派です。 どんどんやるべきだと思っています。 こういう類の映画になると、オリジナルがどうこういうオリジナル愛の方々が、 必ず出てきますが、彼らのいうオリジナルは、もう映画作品というよりは、彼らの中の思い出。 現実が思い出を超える事は、まぁありません。 まだオリジナルを知らない人は、本作に限らず、 オリジナルがどうこうという意見はまぁ度外視して、 観てみたらいいんじゃないかなぁって思います。 さて、私が観た感想としては、★3という評価ですが、 これは、オリジナルと比較して、「オリジナルは超えられない」と言う意味での評価ではなく、 あくまで作品単体としての評価ですか、ちょっとね、雑やったかなと思います。 まず、導入から展開ですが・・・、何もかもがあまりに突然過ぎw 長年の沈黙を破ってフレディが復活した"なぜ?"が無い。 フレディの夢を全員が観ていたということを、しれっと流してしまう。 なにか、登場人物の内輪理解で物語が進んでいく感じが強く、 冒頭から中盤にかけて、結構置いてけぼりをくらいました。 所謂、起承転結ですよね。 特にホラーってのはこれが大事だと思ってて、 映画の登場人物は観客の代わりなわけで、観客の中の情報が白紙なら、 やっぱり登場人物の中の情報も白紙でないといけない。 登場人物が事態を徐々に把握する過程を見せることで、 観客も事態を理解していく。 本作の場合、まずはだれがメインキャストなのか、 ぱっと観、すぐに分からなかった。 これも結構厳しくて、特にホラーはパッと、こいつ主人公っぽいな、ってのが分からないと、 客観的な見方が強まってしまうのではないかなと。 この辺ってのが、今回監督が映画初挑戦でしょうかね、 ミュージックビデオ出身のサミュエル・ベイヤーが、ストーリーテラーとして役不足だったのと、 オリジナルを分かりやすく、リアリティを持たせて再構築する勇気が無かったところ。 この辺りが、リメイク云々以前に、一品ものの作品として、 あまり完成度が高くないかなと。 また、ミュージックビデオ出身監督の割には、 あんまり映像に対して特長が無かったかな。 本作、映像の色合いが明るすぎてクリア過ぎる気もします。 また、"寝たら死ぬ"っていう部分の緊迫感もまるで無く、 おそらく、時間の概念があまり伝わって来なかったのは大きい。 この映画最大の特徴が活かされなかった残念さ。 このあたり、多分監督の力量不足が大きいかなと、思います。 全体の方向性として、あくまでホラー方向と、悪くは無いんですが、 この辺りが若干、オリジナルどうこう以前の部分で不足していた所が大きいかなと。 マイケル・ベイのリメイクシリーズに対してはいつも甘めの評価なんですがw、 この映画はまぁ「悪くはないけども・・・」と感じでしょうか。 あと、フレディのメイクも、駄目ですねw 今の時代、もっといけないの?作り物感が強すぎて、怖くない。 二作目もサミュエル・ベイヤーがメガホンとるようですが、 そうなると、若干心配。出来ればかえて欲しいかなぁ。 まぁ、なんか物足りない感じでした。 そう、まったく別の話になりますが、 マイケル・ベイホラーで日本がスルーしていたアンボーンがDVDで出るらしく、 こちらはビジュアル的にもまた楽しみにしています。

閲覧数406