レビュー一覧に戻る
エルム街の悪夢
2010年6月26日公開

エルム街の悪夢

A NIGHTMARE ON ELM STREET

R15+952010年6月26日公開

mon********

3.0

昔ほどの怖さは無かった。

子供の頃の洋画ホラーの代表作のような存在。「エルム街の悪夢」と「13日の金曜日」。 どちらかというと「エルム街の悪夢」の方が好きだった。 子供の頃の『何となく好き』なので理由は説明出来ないけれど、今になって考えると、エルム街の悪夢は映像が凄く凝っていたような気がする。 夢という何でもありの想像の世界観をホラーで表現。居眠りをすると突然風景が変わり廃工場のような所に連れて行かれる。細い廊下の天井にあるランプがゆら~りしている所など、不気味な雰囲気が好きだった。 殺戮シーンが連続のホラーよりも、少しユーモアのあるホラーの方が好みらしい。 リメイク作品の今作品は、オリジナルよりもずいぶんと映像が綺麗で、逆に綺麗過ぎてあまり怖くなかった。ホラー映画が好きなので、他にも沢山のホラー映画を観ているので、映像や演出に慣れてしまったと思う。 特に今作はリメイクなので、どこかで観たようなシーンがあるのは当たり前で、「怖い。」よりも「うわぁ、何か懐かしい。」と思ってしまう。 ホラー演出も、かなり控えめで、火傷の痕もそれほど醜くないし、刺されるシーンも思ったよりも痛々しくない。 どちらかというと、過去になにがあったのかというミステリ要素が強く、なぜ自分達が襲われているのかを探るところが面白い。

閲覧数1,723