ここから本文です

バイオハザード IV アフターライフ (2010)

RESIDENT EVIL: AFTERLIFE

監督
ポール・W・S・アンダーソン
  • みたいムービー 1,661
  • みたログ 4,788

3.09 / 評価:1,828件

原作ゲーム「バイオハザード5」の影響受け

  • hoshi595 さん
  • 2019年8月20日 1時23分
  • 閲覧数 103
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

シリーズ第4弾は第1作の監督を務めたポール・W・S・アンダーソンが再び監督し、脚本と製作も兼ねている。物語は前作「バイオハザードⅢ」の続きで、アリス軍団も実現するが、やはり主人公以外はちょっと出来が違うようだ。冒頭から日本語が出てきて驚いたが渋谷の地下基地から始まる。

主演は、シリーズ全編を通してミラ・ジョヴォヴィッチであるが、見慣れてきたせいか第1作ほどのインパクトはない。共演も前作から引き続き「ファイナル・デスティネーション」のアリ・ラーターが出演するが、こちらも前作ほど見栄えがしない。原作ゲームバイオハザード5」の影響を受け、共通する部分も多いようだが、ゲームを知らなくても楽しめるのはシリーズ全編同じである。

他ではTVドラマ「プリズン・ブレイク」の主役を務めたウェストワース・ミラーや、「スターシップ・トゥルーパーズ3」のディックス・ハウザー将軍役で知られるボリス・コジョーなどだが、ゲスト出演的扱いで見所は少ない。むしろ見る度に進化していくクリーチャー達の方が斬新で目立つ有様。

さすがにシリーズ4作目ともなれば、殺しても殺してもきりがない”感染者”にも食傷気味となり種も尽きたかに見える。しかし3D版も上映するなど工夫が加えられている。「マトリックス」シリーズのようなアクションも3Dで見れば楽しめるのかもしれないが、やはり物語にもう一工夫欲しい気がする。

続編は「バイオハザードV リトリビューション」で"アリス計画”もまだまだ隠れた部分があるようで、益々激しい戦いが待っているようだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ