インプリズン -KGBが遺した罠-
1.8

/ 4

0%
0%
25%
25%
50%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)

勇敢25.0%不気味25.0%恐怖25.0%絶望的25.0%

  • はる

    1.0

    長い夢だったわね・・・・

    何か、幽霊もの?にしては 甘い演出なんだよねぇ・・・・(。・・。)(。. .。)ウン 後半で、一気に バタバタと死んでいくじゃん? あれって、微妙に ファイナル・デッドコースター思い出さなかった? 何ていうかさぁ・・・・ ストーリー的には いい感じなんだけど・・・ あーもったいないなぁ・・・って。 演出が甘すぎて、怖くないんだもの。 で、ものすごく半端なとこで 夢でしたってオチだし・・・ 結局、あのお姉さんにさ、 この彼氏はやめておきなさいって たったそんだけのメッセージを伝えるためだけの 神様のお告げだったってだけのような気がして仕方なかった。 思わず、オチで笑っちまいましたわよΣ(^∇^;)えええええ~

  • moc********

    3.0

    ネタバレオチが酷い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oo_********

    2.0

    どっちつかずの残念な作品

    原題は、「THE PHOBOS」。火星の第一衛星であるとともに、 ギリシャ神話では「恐怖の神」を意味するようです。 確かに、ざっとストーリーをいいますと 旧ソ連の秘密警察「KGB」の基地に男女が閉じ込められ 脱出を試みる際にさまざまな「罠」によって、 恐怖(死)を味わっていくというものです。 ただ、純粋な「罠」のものもあれば、 ファイナルデスティネーション(以下、FD)シリーズに存在するような 「死神」の意図が働いた「罠」もあります。 監督としては、「どちらもKGBの怨念のなせる業」と 両者をバランス良く取り入れたかったのかもしれませんが、 トラップゲームをクリアして脱出を試みる「SAW」のようなテイストで 作品を作りたかったのか、 それとも、 FDシリーズのような見えざる敵を仕立てたかったのか、 結局は「どっちつかずの作品」になってしまい、 鑑賞後に、モヤモヤ感の残ってしまいました。 初のロシア作品と、期待して見ただけに残念です。 また、ストーリーの展開テンポの遅さと、 グロテスクシーンをほぼ完全に排除してしまった点も 残念ポイントとして追加したいところです。 FDシリーズには遠く及ばず、 もちろん「SAW」にも及ばない映画でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
インプリズン -KGBが遺した罠-

原題
THE PHOBOS

上映時間

製作国
ロシア

製作年度

公開日
-