ここから本文です

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル (2010)

監督
舞原賢三
  • みたいムービー 19
  • みたログ 159

3.81 / 評価:86件

これは良かった

  • kyabetsutaros さん
  • 2010年6月23日 14時28分
  • 閲覧数 189
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作を見て、あまり期待出来ないかなと思っていたけれど予想外に良かった
というか、電王って本来は(最低限)このくらいのクオリティだったハズ

不覚にも泣いてしまった。
惜しむらくは(ゲストキャラに近いので)幸太郎とテディの繋がりというのが観客にとっても「ずっと一緒にいるのが当たり前」では無かったことか
これはまあ仕方ないことだけれど

「大切な人との別れ」を経験したことがあるならば感情移入出来ると思うが、子供はその経験があるかどうか?
伝わらなくは無いけれど「なんとなく」という感じかもしれない。

ギャグシーンが、編集が悪いというか監督の指示なのかテンポが悪いためサムくなってるのが減点かなぁと
「バキ!」まででいいのに、「ピクピク」までやらせるからしらけてしまう
ああいうのを子供向けと思ってるのなら子供をなめてるとしか言えない
あと冒頭のあからさまなスタントシーンも萎える
普通に撮ってればもっと良くなったと思う

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ