ここから本文です

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル (2010)

監督
舞原賢三
  • みたいムービー 19
  • みたログ 160

3.82 / 評価:87件

解説

子どもたちを中心に圧倒的な人気を誇る「仮面ライダー電王」が、『超・電王』シリーズとして新たな道を歩み出した劇場版新シリーズの第2弾。『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼か島の戦艦』に続く今作では、ゼロノス、NEW電王、ディエンドの3人の仮面ライダーが集結。熱い友情ときずなで結ばれた大活躍を展開する。3本の新作映画を2週間ごとに連続公開する、ライダー映画史上初の上映方式にも注目。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

イマジンによる乗車チケットの盗難事件がターミナルで発生し、良太郎(溝口琢矢)とモモタロスはチケットを奪い返そうとするが、逆に深手を負ってしまう。助っ人として、幸太郎(桜田通)とテディが現われるが、両者の契約は終了したとオーナー(石丸謙二郎)が衝撃の発言をいきなり浴びせる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ