ここから本文です

小さな命が呼ぶとき (2010)

EXTRAORDINARY MEASURES

監督
トム・ヴォーン
  • みたいムービー 238
  • みたログ 712

3.82 / 評価:216件

父が子供たちを救うためにしたこと

  • Julienne さん
  • 2013年11月7日 15時34分
  • 閲覧数 885
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

原題の「EXTRAORDINARY MEASURES」は「異常な手段」という意味。ポンペ病という難病に侵された幼い2人の子供を救うために、新しい薬の開発を目指して多くの犠牲を払ってとった父親(ブレンダン・フレイザー)の行動が、「異常な手段」だったっていうことでしょうか。

こういう人々の胸を打つような実話の映画化はハリウッドにおいてはよくあることですけれど、それだけフィクションに勝る出来事が世の中にはあるっていうことでしょうか。

ほおっておけば長くて9歳までしか生きられないという難病を抱えた自分の子供たちを救うために自ら専門の学者(ハリソン・フォード)を見つけ出して説得し、新薬開発のための会社を設立するにまで至ります。けして裕福ではない普通の家庭の夫婦が、おなじ病で苦しむ人たちに呼びかけて資金を集めて。

少しでも長く子供たちとともに時間を過ごすようにってただ言われたとおり何もせずに「その時」を待つという選択肢をはねのけて、できる限りのことをするんだって言う精一杯の抵抗が実を結んだ真実のエピソードが胸に刺さる思いでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ