レビュー一覧に戻る
ソーラー・ストライク2012

hir********

1.0

ネタバレアサイラムにしては少し物足りない

『ソーラー・ストライク』のシリーズ? 別物でしょ!? 内容からして『アルマゲドン・○○○○ スーパーノヴァ』 というタイトルでも違和感ないと思います。 「圧倒的なスケールのディザスター・ムービー」。どこが?? パニックらしいパニックはなかったです。ただただ平坦。 主人公を妨害するお邪魔虫も、大した意味ないです。 アサイラム作品お馴染みの工場をロケ地に使い、 そこをNASAと言い切るところがすごい。 (その工場をエドワーズ空軍基地と言い張った作品もあった) また、2台の黒いGMCとシボレーのバン、 状況によって映像がコロコロと変わるところもアサイラムらしさ。 宇宙ステーションの映像も アサイラム作品「ターミネーターズ」のものを使い回しています。 超新星の爆風が地球に大接近しているというのに、 対策に追われているのがなぜあんな小規模の人員だけなのか? ロシアと中国も協力しているというが、 送り込んだのは各1名の頼りない科学者だけ。 おまけに科学者3人だけがシャトルに乗り込み、 爆風に立ち向かうという始末。 ラストもお約束、主人公が死んで当然のはずの展開だが、 家族の前にヘリでひょっこり姿を現す感動のエンディング。 たまには死んで終わるのもいいと思いますがねぇ…。

閲覧数815