ここから本文です

おのぼり物語 (2010)

監督
毛利安孝
  • みたいムービー 25
  • みたログ 75

3.50 / 評価:36件

すごく共感…

  • kaf***** さん
  • 2010年8月13日 23時41分
  • 閲覧数 372
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

この作品の舞台になったほんの前より もっと日本が不景気になり、全国から夢をもって東京に作品を売り込む現状は さらに過酷です。カメラマン志望の先輩の売り込みに冷たい対応の編集者。何か痛いほどの映画でした。主人公は人間関係を作るのも 自然に出来たから、最初は下手でも食べていける人になったのでしょう。でも先輩は結構人つきあいがうまく出来ない。やっぱり体験した人でないと この切なさは分からない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ