ここから本文です

おのぼり物語 (2010)

監督
毛利安孝
  • みたいムービー 25
  • みたログ 75

3.50 / 評価:36件

夢に溺れず、現実を歩く物語

  • kukan さん
  • 2010年8月13日 17時10分
  • 閲覧数 596
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

難しい生き方を選ばずにはいられない人がいます。
「夢」という言葉では、美化しすぎかもしれません。
それで食べていきたい、という現実的な願いです。
その切実な願いを胸に上京した一人の青年の物語です。

しかし主人公が選んだのは険しい道。
チャンスは少なく、とことん実力主義の世界です。
とんとん拍子にはいきません。

主人公のひょうひょうとしたキャラクターのせいか、多少つまづいても深刻に落ち込む姿は見せません。
同じアパートの住人の魅力もあり、明るいムードで物語が進みます。

しかし後半、ついに主人公の心も折れてしまいそうになります。
女友達に叱咤される長回しのシーンが印象的です。

もっと楽に生きる道など山ほどあるのに、どうしてその生き方なのか・・・
愚直な主人公に誰もが共感し、応援することでしょう。
上京したころを思い出したり。
一人暮らしをはじめた頃を思い出したり。
今まさに、主人公と同じような状況にある人もいるのではないでしょうか。

「夢」といってしまうと、大げさすぎるし、感情的すぎるし、地に足が着いていない印象です。
彼らは自分の考えで生きていきたいだけです。
十分現実的です。
夢に溺れず、現実を歩く物語。
不器用な彼らの生き様を見届けたあとには、さわやかな余韻が残ります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ