ここから本文です

プリズン211 (2009)

CELDA 211/CELL 211

監督
ダニエル・モンソン
  • みたいムービー 22
  • みたログ 95

3.75 / 評価:51件

非常にもったいない作品・・

  • hog***** さん
  • 2016年2月14日 0時22分
  • 閲覧数 1173
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

途中までの展開は良かったが妻が途中で殺されるあたりからクソ映画化。

友情を描きたいなら最後に囚人のボスが主人公を庇う演出でも見せれば良かったのではないだろうか?謎の内通者(描写不足)、妻の誰が見てもトチ狂った行動とツッコミ所が多い作品。

妻が死んだとウソをつき主人公を外に出させ紆余曲折後、ラストに実は妻は生きていた!というベタなオチかなと思ったらそのさらに下を行かれてビックラこいた。

映画におけるオチの大切さを改めて実感した作品であった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ