ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

雷桜 (2010)

監督
廣木隆一
  • みたいムービー 256
  • みたログ 973

3.02 / 評価:546件

解説

徳川将軍家に生まれた男と村の娘との運命の出会いと身分違いの恋を、『重力ピエロ』の岡田将生と『フラガール』の蒼井優を主演に迎え、切なく描く恋愛時代劇。宇江佐真理の小説を基に、『ヴァイブレータ』『余命1か月の花嫁』などの廣木隆一監督が映画化。さらには家臣役の小出恵介ほか、柄本明、時任三郎など豪華キャストが集結。沖縄や茨城など日本各地でロケーションを行い、原作のもつはかなく幻想的なムードを映し出している。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

母の愛を知らずに育った、徳川将軍・秀斉の十七男、清水斉道(岡田将生)。心の病にかかった斉道は、静養のため瀬田村へ向かうことに。道中、瀬田山の中腹で、落雷に撃たれたイチョウの根元に桜が芽をつけた奇妙な巨木、雷桜の下で、斉道は雷(蒼井優)と呼ばれる自由奔放な娘と運命の出会いを果たす。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2010「雷桜」製作委員会
(C)2010「雷桜」製作委員会

「雷桜」喪失を埋め合わせ解放し合う魂の彷徨

 設定を聞けば出来すぎたおとぎ話のように思える。筋だけを追えば泣かせることに懸けたあざとさが鼻につくように感じる。しかしここにはアウラ(オーラ)が宿っている。それは今を感じさせる役に同化した主演俳優2人の化学反応による息づかいであり、内的崩壊を抱えた男女の機微を熟知する演出家の生理によるものだ。

 アニメーションでしか成し得ないような美しき情景の中で、ナイーブな岡田将生とワイルドな蒼井優の表情に見とれるのもいいが、本作は単なるロマンスものを超えている。将軍家の血を引く若殿と豊かな自然の中で育まれた少女の身分違いの恋物語ではあるのだが、悲恋ファンタジーと呼ぶにはあまりにも痛ましい過去が2人を覆う。ここで描かれるのは、愛されることに飢えて精神を病んだ男と、性すら意識することなく山奥で育った強靱な女の出会いだ。男性性と女性性が惹かれ合うエロスではなく、互いに喪失したものを埋め合わせるようにして、求め合い解放する愛。物語の主軸は、環境に適応できず壊れた青年が癒されていく心の変容である。「告白」「悪人」に続いて岡田将生は、現代的な病を見事に体現する。

 これは、生きづらさの中で出逢った歪な者たちの魂の彷徨であり、閉塞しがちな若者に光明を与える可能性の映画だ。号泣するために足を運ぶのもいいが、流れる涙の理由を自らに問うことで心の深奥を探り、映画館という暗闇を自分だけの孤独な聖地にしてほしい。(清水節)

映画.com(外部リンク)

2010年10月21日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ