ここから本文です

レポゼッション・メン (2010)

REPO MEN

監督
ミゲル・サポチニク
  • みたいムービー 191
  • みたログ 1,121

3.08 / 評価:448件

労災だろうが個人的に好き。酷いも最後

  • ntt***** さん
  • 2020年1月28日 5時05分
  • 閲覧数 454
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まずは
会社の機器の使用で自分が心臓ダメに!!
これ、、、会社悪いっしょ!!

その後は
最後にかけて
無慈悲に殺される工場の人とかがいて
なんじゃこりゃーーー
と思ったが

そういえば途中で大脳の装置言ってたね。

ハッピーと言えば
ハッピーなのかも。

マトリックスでもそうだが
現実は厳しい。。。
夢でも幸せならってか。。。

ーーーー
臓器が代替え機械で簡単い買える時代になったとさ
買えない人はローンという手があり
それを払えないと
回収されるという話し。

ぼったくりの金利だけど
まあ、、未回収の時の費用から考えると
まあ、、計算されているのであろうと。

主人公が回収屋だったが自分が
回収する時の電気ショックみたいな機器を使ったせいで
自分の心臓がダメに。
それが、、、相棒が配線変えた性だったのかな?
どこまでが夢かは別として
これ労災案件。
というか
訴訟案件。

その後主人公は回収し続ければ代金を払えったっぽいが
回収できない心になって
逃亡

そして、
本社までいって彼女と一緒に
臓器回収したことにして
最後は赤道のケニアなのかで
相棒と一緒に印税生活してたとさ。。


夢で、、、
途中相棒に倒されて
追加の脳への機械で夢で生きていたというオチ。。

ーーーーー

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ