レビュー一覧に戻る
セラフィーヌの庭
2010年8月7日公開

セラフィーヌの庭

SERAPHINE

1262010年8月7日公開

カッチン

4.0

絵画は詳しくないけど◎!

 無垢で貧乏で使用人で使われるがままのセラフィーヌ(ヨランド・モロー)・・・。ある日偶然にもドイツ人画商で美術史家のウーデ(ウルリッヒ・トゥクール)の家政婦となる。ウーデは一瞬にしてセラフィーヌの描写に目を奪われ、個展を開こうとする。  世の中理不尽・・・、セラフィーヌは天才芸術家であると同時に普通と比べれば精神の病気にも見える。 何とも哀しくも切ない、そして美しい実際にあったストーリー。。。

閲覧数323